ときどき

2018年6月11日 (月)

脱走癖     -クワガター

一週間ほど前、句会から帰って来たのは夜の9時頃。

ドアを開けようとしたら床に鍬形がひっくり返ってもがいている。

Dsc_02451

体長6センチほどの大物級。

森の中のマンションなので、玄関前でひと夏に大体2~3回は

鍬形に遭遇する。今年の鍬形、何故かすぐに脱走する。

うちへ来た夜は急拵えのトレーに網を二重に張っていたのに、

夜中に網を噛み切って居なくなって大騒ぎ。

その次は虫ボックスを買ってちゃんと蓋をしたはずなのに

やっぱり脱走。どうやって出たのか謎。

もう諦めていたら、丸一日経って何処からともなくのそのそと出て来た。

これ、ノコギリクワガタ?でしょう?

すごいギザギザのノコギリの角を持っていて実にかっこいいい。

一日に一度、虫ボックスの中にキーウィの切れ端やゼリーの準備を

している間は額紫陽花に噎せている。

Dsc_02441_2
去年を最後にしてもう飼わないはずだった鍬形。

姉が朝起きて覗くたびに「あら!又大きくなってるよ。

アンタはお利巧さんだねぇ~」と。

その内に怪獣になってしまいそう。

| | コメント (2)

2018年5月18日 (金)

愉悦の味     -山ウドー

昨日、近所の友人に山菜を頂いた。
Dsc_0225
我家では初めての「山ウド」。

ワオーッ!  やっぱ、天婦羅でしょ。


何でも山形の山奥に住んでいらっしゃる友人から送られて来たとか。

その貴重品を又、我家に戴いて、初物を堪能出来た次第。

天婦羅は冷蔵庫にある野菜と
冷凍庫にある何やかで
結構大皿一杯になってしまう。



Dsc_0226


「山ウド」のほろ苦い味・・・それは山奥に密やかに育つ

ウド自身の愉悦の味なのかも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

あら、すっかり緑


Dsc_02051_2

すっかり緑に覆われた近所。
春から夏にかけては富士も霞みがちであるけれど今日は白くよく見える。

200匹の鯉幟はこの季節、いつもの遊水地の上を泳ぐ。(写真左下)

鯉幟も子供たちが大きくなるに従って色褪せて来た感じがするのは
気の性かしら。

そりゃあ、何十年も泳げば色も褪せるよね。
でもでも近くへ行って見ると、中々壮観。

白いテントのあたりから太鼓の音が聞こえて来る。
ああ、子供たちへのお祝いイベントだ。明日は子供の日。

近所の子供達の数はめっきり減った。
全国的に15歳未満の子供が減少しているのだから仕方が無い。
そんな中、都道府県別で東京都が一番子供が増えているという。

こんなことを聞くと、何もかもが大都市に集中して
ますますいびつな国になって行くのを感じる。
子供が少ないのはほんとにさびしい。

Dsc_0202_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

花きゃべつ

葉牡丹?花キャベツ?

Dsc_0154_2

うちの「葉牡丹」は一般的なお行儀の良い、牡丹のような

葉牡丹には育たず、葉が異様にひらひら育って、

その内に茎がずんずん伸びて、菜の花に似た黄色い花になって

春を謳歌している。

何しろあまりにも菜の花に似ているのにはびっくり。

どうもこの花、葉牡丹の仲間でも「花きゃべつ」というものらしい。

近所の見事な葉牡丹を観た者には複雑な心境。

もう一度今年の秋には種を撒いて「葉牡丹」を真剣に育ててみようかな。

季節は既に物凄いスピードで初夏に向かっている。

| | コメント (2)

2018年3月30日 (金)

さくら さくら

2018_0329_2

Dsc_0131

土曜、日曜の明日明後日が町内の花見本番になりそう。

風もなくこんなに長く満開の桜を見ることが出来る年は珍しい。

さくら、さくら今年も有難う。

日米の野球も開幕した。いよいよ春本番です。

| | コメント (2)

2018年3月28日 (水)

一番近い近所の桜    2018

Dsc_0120

今年の桜の季節までの時間の長かったこと。

やっと開きました。一番近い近所の桜をご紹介します。

エレベーターを一気に降りて目の前の桜です。部屋から二分かな?

真っ白なのですが山桜ではありません。??

今日明日が見頃ですので今日の予定はこのあと、

我々も弁当持参の花見見物です。

よその町から見に来る人も大勢いますし、近所の人と出会ったり、

中々の賑わいです。

この先の歩道橋を渡るとわが町の桜の名所が一望出来ます。

では、そろそろ・・・。

| | コメント (2)

2018年3月 3日 (土)

吊るし雛

Dsc_0094_3Dsc_0096



何かと言えば「五目寿司」という我家。

正月に作った残りの具が冷凍してあって、今日は簡単に出来た。

海老の変りに島根から送って来た蒲鉾を薄く切って、廻りに白く飾った。

シンプルだけど、うふふの味。

幸福の木に「吊るし雛」を飾ると、ぐっと雛祭りめいて来る。

何でもお手製っていいな。・・・と思った瞬間。春が来た。



陶器の雛様も吊るし雛もこの画像、作者は見て下さったかしら??

| | コメント (2)

2018年3月 2日 (金)

雛祭前夜


             ひそ!ひそ!ひそ! もうすぐ始まりそうよ。

Dsc_0084

Dsc_0070_2

   さあさあ。清まして清まして・・・。これで決まり。
   明日の本番もこのままよ!!          (陶器雛)

Dsc_00922
ややっ!なんという速さ。

明日は雛祭。今夜は前夜祭の十五夜。


1月末から二月の間ずーっと私の体に風邪という魔物が棲みついて、ふらふらと過ごしてしまった。

耳までおかしくなって先日耳鼻科へ行った処、鼻から耳の方へ良からぬものが流れ込み、耳の聞こえを悪くしているとのこと。物音が遠くなったのはその性だった。ほんと不安だった。今もそう。

でも、薬を三種貰って、一週間から人に依っては一ヶ月位で治ると言われて、今はひたすらその言葉を信じて薬を真面目に飲み続けている。

ほんとに治るのかしら?

明日は雛祭だというのに・・・。

インフルでは無くても油断禁物です。まだまだ寒い日もやって来ます。
お大事に日々お過ごし下さいませ。

 

| | コメント (2)

2018年1月23日 (火)

横浜の初雪

昨日、午前11時頃から降り出して、どんどん本降りになって、
夜中は何時頃まで降ったのだろう。

今朝、目覚めたらこの通り、銀世界。
黒い道がバス通りである。バスは動いているんだな。

枯野の原っぱは雪野原。
箱根や富士や大山は見えない。

初雪でドカ雪は珍しい。
雪国の人には申し訳ないけれど、何かうれしい。

Dsc_0037_2
夕方の4時頃。
真っ白な雪に真赤な花びらがまるで血痕のように鮮やかに。
冷たいとは知らずに落ちた椿だな。

Dsc_0040_horizon
予約していた鶴見の歯科まで出掛けたが、その間、歩道はまんべんなく雪掻きがなされ、滑って転ぶこともなく、つくづく有難く思いながら帰って来た。

長崎の友人から雪見舞いの電話が入ってなつかしかった。
うれしかった。

簡単ですが本日の「雪のストーリー」です。

| | コメント (2)

2018年1月13日 (土)

葉牡丹の薹   ー 朝日と夕日 -

Dsc_0020          こんなに背の高い「葉牡丹」は初めて!
Dsc_0031
珍しくて毎日見にゆく。

朝と夕方カメラを向けた。
朝日は幻想的に夕方は夕日を浴びて華やか・・・
なのに何処か淋しそう。

これ、葉牡丹の薹なのですね。
薹の途中に紅い葉牡丹の子がびっしり。
見れば見るほど謎めいて不思議不思議です!

| | コメント (2)

より以前の記事一覧