ときどき

2017年6月17日 (土)

こんなに大きく育って   - 夏燕 -

 

Dsc_0847
一昨年も去年も燕を見なかった。

今日、近所の本屋を出たところでいきなり、数羽の燕が

ピイーピイー鳴きながら楽しそうに飛んでいるのを

目の当たりにした。

こんなに大きく育って、階段下は遊び場のよう。

近くに巣は見当たらない。私の頭のすぐ上に留って、

とても人慣れしているようだ。

それもそう。元々、燕は家の軒先に巣を作るほど人に親しいので

あるから何の不思議も無い。

今日は数年振りに遭遇した燕に「福」を貰ったような幸せな気持。

| | コメント (0)

2017年5月31日 (水)

スーパーな浮世絵

Dsc_0795_2

映像の中のお江戸日本橋を渡ることから始まるデジタルお江戸。

浮世絵の遊女が格子戸の奥に。

近づくと目を細め、口元も綻んで微笑む。

遊女から少し離れると、ふっと、普通の表情に戻る。

そのままでも十分素敵なのに、一瞬、微笑んでくれるのだ。

映像技術の不思議。

本物の浮世絵ではないイリュージョンの世界。

写真撮影は自由。
 

外へ出ると初夏の茅場町。あの遊女は幻だったのかも・・・。


「スーパー浮世絵 江戸の秘密展」より

Dsc_0768

| | コメント (2)

2017年5月18日 (木)

薔薇の門

 

Dsc_0757

近所の商店街には少なくとも三日に一度くらいは出かける。

この季節、今、薔薇の真っ盛り。

最初、どうなることかと思った薔薇も年毎にすくすくと伸びて、

今や堂々たる薔薇の門になった。

この薔薇をくぐったら、向こうに何か違う世界が待っているような・・・。

薔薇の門の向こうは何か異次元めく。

向こうからこちら側を見てもきっとそうなのだろう。

実際はこの門をくぐることは出来ない。

何故って、薔薇の下は小さなせせらぎとなっているから・・・。

 

| | コメント (0)

2017年5月 7日 (日)

苧環(オダマキ)にうっとり!

Dsc_0755_2

「好きな花を三つ挙げよ」と言われたら私は必ずこの苧環を一つ入れたい。

可憐で、すっと伸びた立ち姿は誇り高く何物をも寄せ付けない強さも備えている。

ピンク、紫、白。もっともっと様々な形と色があるのも楽しい。

毎年花壇に咲かせて貰って、私は通るたびにうっとりする。

「苧環」という名も奥ゆかしくて好き。

花言葉は「愚か」だって。  これを知って尚、好きになってしまった。

| | コメント (0)

2017年5月 1日 (月)

潮干狩り     2017年(海の公園)

 

Dsc_0754


ゴールデンウィークと言えば必ずニュースになる、

横浜金沢区「海の公園」の「潮干狩り」。

Yが潮干狩りに行ったのは、ゴールデンウィーク直前の4月27日。

こんなに不漁の年はかつて無いというほど、アサリが居ないとのこと。

でもでも身入りは結構良くてぷりぷり太っていて美味しい。

写真は「アサリの酒蒸し」。

ニンニクはあまり好きではないので、入っているかどうか

分からないほどの
ニンニクをオリーブオイルで熱して、

トマト(ミニトマトが良い)と、アサリを炒める。

次に酒を振り掛け、蓋をして、ほとんどの貝が開いたのを

見計らって、上に三つ葉を散らして出来上がり。

皿に盛って、上から粉チーズを振り掛けて、どうぞ!!

な~んだ! スパゲティー・ボンゴレのパスタ無し??・・・のような。
 

美味しいです。これ・・・。  やはり新鮮が一番です。

| | コメント (0)

2017年4月 4日 (火)

満開前の花冷

Dsc_0711
一昨日の川崎駅前から続く桜並木はご覧の通り、まだまだ二分咲きというところ。

何故か夜の桜ですが、すっかり冷え込んでいました。

盛上っている上野の満開の桜が不思議。

横浜は東京に近い感じがするのですが、うちの近所の桜もまだまだです。

桜の種類にも依るのでしょうか?

昨日は月曜日。いつもだと混む整形外科が何故か空いているといういつもと違う現象。

ピーンときましたね。

皆、少々寒くても、まだ少し早い桜だけれど晴れていれば、花見に出かけるのではないでしょうか。

花見と整形外科は何処かで繋がっている・・・?
考え過ぎかしら。

| | コメント (0)

2017年3月31日 (金)

近所の桜 (2017)  

Dsc_0708

今年の春はなんでこんなに寒いのだろう。

用意万端ぼんぼりの用意は出来ているのに肝心の花が開かない。

でも写真に撮ると、ほんのり色づいていることは確か。(昨日撮影)

多分、たぶん来週半ばは満開?だろうな。

うちのフリージアはちゃんと咲き乱れてるのに桜の方が、寒がりの様だ。


「街俳句会」の東京句会は明後日、川崎「産業振興会館」で
開かれる。

川崎駅から会場までのあの長~い桜並木が楽しみである。

せめて5分咲き位だったらどんなに素敵だろう。ワクワク!!



Dsc_0704

| | コメント (0)

2017年3月27日 (月)

稀勢の里さんおめでとう!!

稀勢の里が優勝した。夢のような快挙!

照ちゃん(照ノ富士)は残念だったけど、又頑張って欲しい。
二人共、大切な相撲界の宝ですもの。

スポーツって自分がやらなくても、ご贔屓の応援なんかして、皆で楽しめるのが素晴らしい。

我家ではお相撲さんの何人かは愛称で呼んでいる。
宇良ちゃん、岩ちゃん、正ちゃん、国ちゃん等・・・。

稀勢の里さん、まだ始まったばかりです。ずーっと頑張って下さい。

私なんて相撲を見ながらお絵描きしているいい加減なフアンです。

やっぱり楽しい時は楽しい絵になってしまうのかな。


Dsc_0702

| | コメント (0)

2017年3月18日 (土)

 ピール  出来ちゃった~

Dsc_0688
一昨日の夜遅くやっと出来上がったピール!

完成とは言えないかも知れないけれど、「ピール」らしきもの?かしら。

文旦を下さった方へピールをお届けしたのが昨日。

今朝、お会いしたら、「すっごく美味しい」との評。

ご主人は買ったものより美味しい・・・と仰って下さったとか・・・

ホントかいな~  もう、うれしくて~

| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

文旦のピール        ー ざぼん漬風 -

Dsc_0681_2

Dsc_0683_2




「パール柑」は毎年ご近所さんに戴く。
熊本から天草地方へと延びる天草パールライン辺りで生産されるので
この名が付いたそうだ。

味は甘くて上品、パラフィンの包みを開くと
朱欒よりもっと爽やかな香りが鼻をくすぐる。
「文旦」の血を引いているそうで見た目は文旦そっくり。

朱欒漬を作ったのは数年前のこと。最近は「ピール」というらしい。
久しぶりに今年も挑戦することにする。
丁度今、三度、茹で零して、水に浸しているところ。

5~6時間浸して、それからは砂糖で煮詰めて、乾燥させる。
うまく行くといいけど・・・?


5~6時間後というと、夜の仕事になりそう。
こんなことばかりして、忙しい忙しいと嘆いている。さてさて・・。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧