« 2018年10月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月28日 (月)

日々の買物

Dsc_0573ここ20年近く毎日のほとんどの買物は夫、Yの担当だった。私はYの買物に少し補充する位の軽い買物を時々やれば済んでいた。 

何となくいつかは私に交替しなくては・・・と思っていたのだが、その時はいきなりやって来た。 

今年から「僕はもう引退」とYが突然言い出したのだった。

私は「長い間ご苦労様でした」と言うより他無かった。

近くに大手のスーパーがあるけれど、どうしても生鮮食品はYが今まで通っていた店まで足を延ばしたい。

という訳で、私は今年に入って一日置き位に慣れない買物を頑張ってやっている次第。

これ、何十歳の手習い?

この処、天候もよろしくて、運動を兼ねて、何だか新鮮な生活気分で買物を必死で楽しんではいるけれど。

Dsc_0550_3
でもでも一体何歳までお買物って出来るのでしょう。                                      私の残り時間は少ない様な気が致しますが・・・。 

今日の一品 *独活のきんぴら

| | コメント (4)

2019年1月18日 (金)

桜消ゆ

やや!これはな、何と・・・・。桜の木の切り株。

此処の桜並木は皆、古木。多分樹齢50年近く経っているのでは・・・。

私が「セブンイレブン」へ行く時通る近道の桜並木。

伐られた桜の切り株はまるでヒトデのような形。

切株は円いとは限らないことを教えてくれるこの切り株。

何処も虫が喰っていない、きれいな黄金色である。

Dsc_0565_2
初めて目にした桜の木の断面の美しさに見とれてしまった。

一本伐られたという事は次々に伐られて行くということ?

そう言えば、先日、「街」新年俳句相撲に出かける時、

工事の人たちと車を見かけた記憶が蘇る。

こういう事だったのか・・・・。もうすぐ桜の春が来るというのに・・・。

町内の片隅にも新旧交替がある。そして新しき時代へ。

| | コメント (2)

2019年1月15日 (火)

どんど          ⊷ 炎の先端 ⊷

Dsc_0548
どんど。左義長。どんど焚く。注連焚く。吉書揚。

町内では「どんど焼き」と言う。

毎年、夫が玄関の注連飾りと鏡餅のお飾りと屠蘇の空袋を持って

出かけていたが、今年は私の役目になった。

受付の担当の役員の方に持参したものを差し出すと

一応点検される。偶に燃えない「物」が入っているのだろうか。

どんどが始まって既に30分ほど経っていて、

法被を着た子供達の太鼓の音に煽られて

物凄い炎が立ち昇っている。

あの中にお餅や薩摩芋も焼かれているのかしら。

幼かった頃はそんな事もあったような無かったような。

こんなに良く晴れた日のどんど焼きも珍しい。

炎の先端が冬日の中へ鎔けて行く。

もう春がすぐそこにって感じがするけれど、

まだまだ厳冬はこれから・・・。

| | コメント (2)

2019年1月11日 (金)

冬の遊水地     -薄氷 -


「氷が全面に張ってるよ」と夫が言ったのは昨日のこと。

その言葉にそそられて、珍しく歩きたくなった。

残念!! 
「薄氷」は夜の冷え込みの置き土産のようなもの。

今朝の横浜地方は暖かく、枯蘆の間のわずかな水面に

青い空が映っているだけ。

Dsc_0536_2

遊水地はこの地域の人々のウォーキングの恰好の場所。

夫は嘗てはこの池を一日10周ものウォーキングに勤しんでいた。

年月とは恐ろしい。

最近は「今日は2周歩いた!・・・」と嬉しそうな顔の日もあるが、

大体1周ほどらしい。それでも欠かさず歩いている。

私も歩くとすれば2周位が限度ではないかと思う。今日は1周のみだった・・・・。

一緒に元気に歩いた20年前が幻のように蘇る。

| | コメント (2)

2019年1月 1日 (火)

もう元旦です。      2019年

Dsc_0512

Dsc_0503
           

 

        新年おめでとうございます。

         今年もどうぞよろしく

            お願い致します


         最近は忙しいのを口実に

        何かとブログをお休みして

        おります。

        今年はもっと行動して画像や言葉を

          記録に出来たら

          素敵な年がやって来そうな気がいたします。

          どうかいい年になりますように・・・・。

            「栗きんとん」だけは頑張って作りました~~

 

| | コメント (2)

« 2018年10月 | トップページ | 2019年2月 »