« 初笑い | トップページ | 葉牡丹の薹   ー 朝日と夕日 - »

2018年1月 8日 (月)

世界最大砂時計   - 砂暦 (すなごよみ)-

Dsc_08802_2
           「大砂時計」(上) とその下のレプリカ。

Dsc_08801
年が変わってふっと思い出した。「仁摩サンドミュージアム」。
あの天井の「一年計砂時計」のこと。
1屯の砂を一年かけて落す世界最大の砂時計。

「砂暦」と名付けられている。

一年で砂が落ち切るということは、
私がここへ行ったのは去年の7月の始め頃だったから
丁度砂の半分超が下へ落ちた頃。

去年の大晦日に全部落ち切って
又新たに落ち始めて今年は8日。

ひたすらに又一年・・・である。

島根県大田市にある「仁摩サンドミュージアム」は
砂、砂、砂の博物館。
あの日、館内は団体客も無くひっそりと静かだった。

サンプルの鳴き砂も全国の砂の見本も静まり返っていた。
それにしても人の訪れない日の砂の博物館は淋しい。

わざわざ行くのは大変だけど、私のように序にという感じで

ちょっと覗いてみるのはいいかも。
身も心も砂に洗われて。
Dsc_0873

|

« 初笑い | トップページ | 葉牡丹の薹   ー 朝日と夕日 - »

コメント

そうなんです。場所は島根の大田市の果て・・・と思うほど遠い所でした。
途中、秘境のような温泉があったりもしました。
もう二度とは行けないかも・・・です。
出雲の国って遠いけれどのんびりした素敵な所です。

投稿: ihoko | 2018年1月13日 (土) 22時14分

鳥取かとおもったら、島根なのですね。

砂も圧倒的な量になると、違う感覚になりますね。

なんでもそうかも・・・。

投稿: 寿 | 2018年1月13日 (土) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207145/66241682

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最大砂時計   - 砂暦 (すなごよみ)-:

« 初笑い | トップページ | 葉牡丹の薹   ー 朝日と夕日 - »