« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

2018年1月23日 (火)

横浜の初雪

昨日、午前11時頃から降り出して、どんどん本降りになって、
夜中は何時頃まで降ったのだろう。

今朝、目覚めたらこの通り、銀世界。
黒い道がバス通りである。バスは動いているんだな。

枯野の原っぱは雪野原。
箱根や富士や大山は見えない。

初雪でドカ雪は珍しい。
雪国の人には申し訳ないけれど、何かうれしい。

Dsc_0037_2
夕方の4時頃。
真っ白な雪に真赤な花びらがまるで血痕のように鮮やかに。
冷たいとは知らずに落ちた椿だな。

Dsc_0040_horizon
予約していた鶴見の歯科まで出掛けたが、その間、歩道はまんべんなく雪掻きがなされ、滑って転ぶこともなく、つくづく有難く思いながら帰って来た。

長崎の友人から雪見舞いの電話が入ってなつかしかった。
うれしかった。

簡単ですが本日の「雪のストーリー」です。

| | コメント (2)

2018年1月13日 (土)

葉牡丹の薹   ー 朝日と夕日 -

Dsc_0020          こんなに背の高い「葉牡丹」は初めて!
Dsc_0031
珍しくて毎日見にゆく。

朝と夕方カメラを向けた。
朝日は幻想的に夕方は夕日を浴びて華やか・・・
なのに何処か淋しそう。

これ、葉牡丹の薹なのですね。
薹の途中に紅い葉牡丹の子がびっしり。
見れば見るほど謎めいて不思議不思議です!

| | コメント (2)

2018年1月 8日 (月)

世界最大砂時計   - 砂暦 (すなごよみ)-

Dsc_08802_2
           「大砂時計」(上) とその下のレプリカ。

Dsc_08801
年が変わってふっと思い出した。「仁摩サンドミュージアム」。
あの天井の「一年計砂時計」のこと。
1屯の砂を一年かけて落す世界最大の砂時計。

「砂暦」と名付けられている。

一年で砂が落ち切るということは、
私がここへ行ったのは去年の7月の始め頃だったから
丁度砂の半分超が下へ落ちた頃。

去年の大晦日に全部落ち切って
又新たに落ち始めて今年は8日。

ひたすらに又一年・・・である。

島根県大田市にある「仁摩サンドミュージアム」は
砂、砂、砂の博物館。
あの日、館内は団体客も無くひっそりと静かだった。

サンプルの鳴き砂も全国の砂の見本も静まり返っていた。
それにしても人の訪れない日の砂の博物館は淋しい。

わざわざ行くのは大変だけど、私のように序にという感じで

ちょっと覗いてみるのはいいかも。
身も心も砂に洗われて。
Dsc_0873

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

初笑い

Dsc_1152_2
                あけましておめでとうございます

              本年もどうぞよろしくお願い致します

                          
            この「お獅子」何時見ても笑ってしまう。                            
          陶器とは思えないほど重ね餅はリアル。                Dsc_1153
          小さい陶器ってあたたかい。
                         (高さ8cm)
 

          今年はもっとミニ吟行が出来たら
          いいな。
          去年は鶴見の歯医者へ通院した折、
          駅前の商店街にすっかり親しくなった。       

          寺や石屋、鍵屋のある町を歩くと、
          今迄とは違う句が出来たりして、だんだん
          歯医者へ行くのが楽しみになったりもした。

          日頃から吟行ではあまり寺や神社へは
          行かない。・・・なので逆に新鮮な町に感じたの
          かも知れない。鶴見には大伽藍總持寺もある。
          
          よその町のスーパーの食品売場に詳しくなったり
          するのも楽しい。
          今年は一体どんな年になるのでしょう??

| | コメント (2)

« 2017年12月 | トップページ