« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

千日紅        

Dsc_1033
Dsc_1035「千日紅」(センニチコウ)は、

昔、祖母が庭に植えていたなつかしい

花。千日草とも言う。

忘れそうなくらい最近はすっかり

見かけなくなっていた花。

ところが今年、プランターや庭に沢山

咲かせた人が居る。

それが可愛くて、結構長く咲き続ける

ので、この秋は毎日祖母と一緒に居る

ような心地である。

上のプタンターの花と同じ苗を貰って、うちにも可愛く咲いた。
(右上)。

姉妹のような千日紅。


Dsc_1034
花が長持ちするので、

イギリスやフランスでは

「不死の花」とも呼ばれるそうな。


季語としては「夏」であるが、秋の終りのいま現在も
咲き続けている。

| | コメント (2)

2017年10月23日 (月)

台風一過

Dsc_10191_2
Dsc_1020


今朝目覚めて、台風が過ぎ去ったことを知る。

近所は静かないつもの朝だった。

午後になるといよいよ空は澄み日射しが眩しい。

最近Yがめっきり脚力の衰えを感じているらしく

頻りに私に歩くことを勧める。

歩かないと歩けなくなるよと言う。

ではではと、今日はその気になった。

桜の季節以来半年以上、

私は近所の遊水地の周りを歩いていない。


Dsc_1022

歩き始めると青い葉っぱの森の匂いが肺の中まで入って来る感じ。

ああ、これが歩くってことだ・・・懐かしい。


Dsc_1029
夜中の台風あとの無残な光景もある。

黒っぽい蝶が道に止まったまま昇天している。

きっと強烈な風に吹かれながら地面に

しがみ付いてそのまま逝ってしまった様子。

彫刻のように地面にくっ付いている。


そして夕方。

 

Dsc_1043_3
台風の置き土産のような秋夕焼と三日月。

すり鉢形の富士が右端にくっきり。

台風の被災地のことを思わずにはいられない、

美し過ぎる夕景。 
(2017/10/23/17:27)

| | コメント (2)

2017年10月12日 (木)

少し歩いて小さい秋


薬局前の花壇の青いレモン。白い秋明菊。
 

Dsc_1005_2

歩道橋を渡るとその先に山茶花の木の茂み。

暗がりの根元のあちこちに白い茸。多分毒茸。

茸はひっそりひっそりと。私はこの白い茸がいつも気になる。

去年は茸を二度見に来た。二度目の時にはごっそり無くなっていた。

もしかして食べられる茸?まさか?

Dsc_1001

毒茸の上に落ちそうで落ちない網を張っているのは女郎蜘蛛。

灯すように森の中の一点の赤は女郎蜘蛛のお腹。

女郎蜘蛛の怪しい美しさにはいつも感動する。

今がその美しい盛り。
 

Dsc_0996

Dsc_1000_2

 

 

 

        少し歩いて小さい秋少し。

   秋本番はいよいよこれから・・・。

 

ところが明日は一気に冬がやって来るという天気予報。

 どうしよう。明日の気温は15度前後という。

そんな気温なんて体の方はすっかり忘れちゃってる。

 怖い様な明日の過ごし方。夕食はやっぱり鍋がいいかな。

去ログ  http://yozorahe.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-640f.html

 

| | コメント (2)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »