« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月24日 (月)

赤い椿白い椿

  赤い椿白い椿と落ちにけり      河東碧梧桐

Dsc_0740

桜はいっせいに咲いたかと思うと、いっせいに散ってしまう。

椿は冬から春そして夏にも、散っても散っても違う木の椿が咲く。

うちの近所は圧倒的に赤い椿が多いけど、そんな中、白い椿が咲い

ていると、つい足を止めてしまう。

冬椿 椿 夏椿 は、それぞれ椿科ではあっても少し違う種だという。

それにしてもスリージーズンに咲く椿の木のパワーみたいなものを感

じてしまう。

| | コメント (0)

2017年4月13日 (木)

『暦還り』上田貴美子第三句集   -桜の句- 


さくらさくら玄関そつと開けてみる


花の下居すぎていつか撫で肩に

痺れるほど握手したきり桜山

美味さうな小石を拾ふ花疲

花疲花より赤き魚食べて

花疲夫も娘も生臭し

私の中の桜と錨怒濤音

化粧濃き女は泣かず冬桜

上田貴美子さんは「街」同人。

7~8年前のこと。
5~6名の仲間で、横浜、東京近辺を吟行するのが
毎月の楽しみだった。

お互い選をする段になると、
「吟行だし、今日の自分を出している句を私は選に戴いたのよ」と仰る貴美子さんの言葉が忘れられない。
俳句に自分を出すことに拘る俳人なのである。

今も月一度、「街句会」で
お会いするのがとても楽しみ。私の大先輩。

                        
 『暦還り』 2016年4月刊行。
 

Dsc_0729_3
                   近所の桜(2017)

| | コメント (0)

2017年4月 6日 (木)

近所の桜 (2017)

Dsc_0723
Dsc_0728_2
いきなりやって来ました。

近所の桜の季節。

もう午後4時を過ぎていたので、人も少ないのですが、

提灯に灯が点ると夜桜を楽しむ人が増えることでしょう。

平明なこの句、ジーンと来る。


         さまざまの事思ひ出す桜かな    芭蕉

| | コメント (0)

2017年4月 4日 (火)

満開前の花冷

Dsc_0711
一昨日の川崎駅前から続く桜並木はご覧の通り、まだまだ二分咲きというところ。

何故か夜の桜ですが、すっかり冷え込んでいました。

盛上っている上野の満開の桜が不思議。

横浜は東京に近い感じがするのですが、うちの近所の桜もまだまだです。

桜の種類にも依るのでしょうか?

昨日は月曜日。いつもだと混む整形外科が何故か空いているといういつもと違う現象。

ピーンときましたね。

皆、少々寒くても、まだ少し早い桜だけれど晴れていれば、花見に出かけるのではないでしょうか。

花見と整形外科は何処かで繋がっている・・・?
考え過ぎかしら。

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »