« 椿が呼んでいる | トップページ | 「角川俳句賞」贈呈式       -夜空とビルと乾杯とー »

2017年1月16日 (月)

冬蝶             ー モウスグハルー

Dsc_0613
何の模様も無い黄色い蝶々に出合った。
これ、黄蝶というのだろうか。

濃い黄色は落葉の上でもよく目立つ。

日陰を避けて、冬の日射しの中をひらひら飛んでは、一休みして、写真を撮らせてくれる。

こんな蝶々を見ると、随分前に「これ面白いよ」と言って、Kさんに貸して貰った「ルリボシカミキリの青」ー福岡ハカセができるまで (福岡伸一著)
を思い出す。

時々テレビにも出る福岡先生は分子生物学者。このエッセイはとにかく楽しい。

清々しい文体は一度読んだらフアンになってしまう。やっぱりもう一度読むことにしよう。
そして春を迎えることにしよう。

|

« 椿が呼んでいる | トップページ | 「角川俳句賞」贈呈式       -夜空とビルと乾杯とー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 椿が呼んでいる | トップページ | 「角川俳句賞」贈呈式       -夜空とビルと乾杯とー »