« 近所の景        —銀杏降る- | トップページ | 南天の実                »

2016年12月12日 (月)

冬の月

Dsc_0566_2

本日、16時50分。  「冬の月」。

少し潤んでいるような月だけれど、これから夜になるところの、
澄んだ青い夜空がきれい。

思えばゆっくりと夜空を眺めるのも久しぶり。

夏目漱石が英語教師をしていた頃、生徒が
  I love you 」の一文を「我君を愛す」と訳したのを「日本人はそんなことを言わない。月がきれいですね。とでもしておきなさい。」と言ったとされる逸話など、ふと思い出す。逸話にしても、漱石の語学のセンスってやはり凄いなと思う。

私は俳優ニコラス・ケイジが好きだから、こんなきれいな夜空を見ると、「月の輝く夜に」を思い出してしまう。もう何度も見た映画。やっぱり古いなあ。

|

« 近所の景        —銀杏降る- | トップページ | 南天の実                »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近所の景        —銀杏降る- | トップページ | 南天の実                »