« 柚子の匂う部屋        - マーマレード - | トップページ | 『夜の聖堂』       - 草野早苗 詩集 - »

2016年11月18日 (金)

赤い鈴蘭の実と白い猫じゃらし     

Dsc_0537
季節は移る。

赤い鈴蘭の実が落っこちそうで落ちない。

猫じゃらしは雪のように真っ白。

いよいよ冬へとまっしぐら。



鈴蘭の実が青かった頃も蛍烏賊の目が澄んでいた頃も遥かに過ぎ去った。


永遠に光りたかつた蛍烏賊     
              吉永興子
                         


「永遠に光りたかった」という蛍
烏賊と作者の一体感が素直な口語表現にされて共感を呼ぶ。

私も永遠に光りたかった。  作者は「街」同人。

|

« 柚子の匂う部屋        - マーマレード - | トップページ | 『夜の聖堂』       - 草野早苗 詩集 - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柚子の匂う部屋        - マーマレード - | トップページ | 『夜の聖堂』       - 草野早苗 詩集 - »