« 『サラダバー』    森山いほこ句集 | トップページ | クレオパトラの唇 »

2016年10月21日 (金)

烏瓜     ー姉に服従ー

Dsc_0486_4

半月ほど前に友人に頂いた烏瓜。
瑞々しい葉っぱは縮れてしまったけど、この皺皺感がたまらない。

触ると風の音がする。

これだけでもう俳句が出来そうな予感。

偶には吟行をしたいのだけれど、
中々一人では出来ない。

空気が澄んでこれから吟行日和が増えそう。

吟行に出かけるのは足の弱った姉が一緒に行けずに、寂しいだろうなと思うと気が引けるが、結局ルンルンと出かけてしまう。ゴメンね。

でも昔々下記のようなことも.

 風船を持ちて姉には服従す      いほこ

|

« 『サラダバー』    森山いほこ句集 | トップページ | クレオパトラの唇 »

コメント

十志夫さん
ゆふぐれの風がどこへ繋がるのかほんの一瞬考える「間」がある句ですね。
きっと吟行句だと思いました!
(iho)

投稿: | 2016年11月 8日 (火) 21時40分

先日こんな句を詠みました(^^♪

ゆふぐれの風をたどれば烏瓜   十志夫

投稿: 十志夫 | 2016年10月26日 (水) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『サラダバー』    森山いほこ句集 | トップページ | クレオパトラの唇 »