« 赤いグラスと氷水 | トップページ | 真夜中の葡萄 »

2016年9月15日 (木)

モンキアゲハ

外へ出た途端、待ってたようにふわりふわりと飛んでいる「モンキアゲハ」に出合った。

真っ黒な羽に真っ白な紋。
6~7㎝ほどのかなり大きな揚羽。
カメラを向けてもゆったりと飛んだり、花に留まったりと何とも優雅。

Dsc_0448_2

この蝶、西日本から関西にかけて生息するらしい。
横浜にいるなんて、地球温暖化できっと北上しているのかもしれない。


ほんの数十秒の出合い。
揚羽は私の平凡な日を非凡な日にしてくれたのは確か。
この姿忘れない。


PS
案内は紋付の黒揚羽かな

|

« 赤いグラスと氷水 | トップページ | 真夜中の葡萄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤いグラスと氷水 | トップページ | 真夜中の葡萄 »