« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

真昼の梟の声

印象的だったこと書きたくなりました。

2015_12_304うちのすぐそばの小学校の前の通りは楡の並木が続き、その並木の終ったところに大きな欅の木が立っている。

その頃はまだ暖かい十月半ばだったと思う。
欅は青い葉を付け鬱蒼とした真昼時だった。

歩いていた頭上で「ほろほろほろ」?「ころころ」?「ほっほっほっ」?のどれともつかないような含みのある声で何かが鳴いた。何度も何度も。

あ、これ、梟だ。絶対梟だと思った。
梟の声を一度も聴いたことないのにそれは確信的にそう思えた。
何と幸運な私だろう。
なのに頭上をいくら探しても姿は見えない。

しばらく鳴いていきなりだんまりになった。
もう一度声を聴きたくてじっとしていたが、私もついにあきらめて帰ってきた。今思うと夢のような出来事。

何で、も少し辛抱して声を聴くなり梟が飛び立つのを確認しなかったのだろう。

今更後悔しても仕方ない。只只今年の忘れられないベストワンの「梟の声」だった。

梟は何か私に言いたかったに違いない。
すっかり裸木になってしまった欅の下を通るたび「ほろほろほろ」という梟の声を思いだすのである。梟は真昼でも鳴くのね。

20150_12_30_3
 皆様良いお年をお迎え下さいませ。

| | コメント (0)

2015年12月30日 (水)

冬入日

2015_12_29_2
目が眩むような冬入日。
カーテンを閉める前の一瞬がきれい。

太陽が隠れるとうちのリビングが途端に寒くなるなるので
カーテンをさっと閉める。
 

今日は大根を3ミリ位の厚さの輪切りにして干した。
干した大根に生姜の千切りを巻いて、かんぴょうで結んで、甘酢に漬けると美味しいんですって。

夜も天気が良さそうなので、大根は干しっぱなしにした。
今夜は黒豆も水に浸してある。

今年も残り二日。二日間でやれることって限りがある。
なるようになる主婦の仕事です。

| | コメント (0)

2015年12月26日 (土)

満天星躑躅(どうだんつつじ)の赤

2015_1227秋の色はところどころの紅色から始まり、黄色い銀杏が全盛期を迎えそして散って行き、紅葉が色づき、満天星躑躅(どうだんつつじ)の赤が最後を飾ったというのが私の近所の景色から感じた印象。

インフルエンザ゙の予防接種を受けたのは先だった
内科のすぐ前の「満天躑躅」の赤い赤い紅葉を見たのが一番美しい今年の赤だった。
既に冬。

日射があまりにも強す過ぎた性か画像が焦げたような赤色に写ってしまった。


多分ここ数日の風で全て散ってしまったに違いない。


帯状疱疹の傷が癒えた。もう薬を塗る必要もないし、お風呂も大丈夫。長かったなあ。全治6週間。

足首の傷が治っただけで、すっごく身軽くなった感じで俳句が次々出来そうな錯覚に陥っている。いいよ、いいよ気分だけでも。

| | コメント (0)

2015年12月24日 (木)

下仁田葱

葱切つて溌剌たる香悪の中     加藤楸邨

夢の世に葱を作りて寂しさよ     永田耕衣

2015_12_24_3

毎年この時期このような下仁田葱を戴く。
頂きもののお裾分けにしては勿体無いような立派な葱。

下仁田葱のとろり感は食べた人でなければ分からない。

初日は「鱈ちり」にして、次の日は「焼き葱」にして味噌ダレで戴く。

焼くと又風味と柔らかさと甘さが増してやっぱり葱は焼くもんだな・・・なんて癖になってしまう。
こんな究極の葱を最初に育て上げた農家の人を只只尊敬申し上げたい。

こんな時こそ葱の句に挑戦しなくっちゃ。

| | コメント (0)

2015年12月11日 (金)

バルーン(気球)に乗りたい

011
何だかこの処忙しい。気がつくと大体夜の10時である。
本日の残り時間はもう僅かしか無い。

どうしてこう気忙しいのか考えてみたらそうそう帯状疱疹を患って時々
通院していることを思った。
でも体操教室はお休みしているし、差し引きゼロなんだけど・・・。

この帯状疱疹なるもの、軽い方でも結構長引きます。
そろそろ一ヶ月になります。
毎日毎日2回、足首の包帯取り替えるのも飽きちゃって。

こんな忙しい時に限って実現不可能なことばかり考える。
今、一番見たいと思うものの一つが「バルーンフェスタ」である。

もう何度もテレビで見ているが、現実には中々見ることが出来ない。
ほんとは見るだけではなくて、乗りたいのが本音。

実際に乗ったという人の話も聞いたことが無い。
体験者から実際の話を聞きたいな~ 気球の乗り心地。

| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

プリンセチア

151201_120701
ポインセチアと呼ばれるのは真っ赤な花だけ。

一番手前は小さなシクラメン。

真ん中も奥の鉢のもピンクだけれど、少し色合いの違うピンク。

ピンクは「プリンセチア」と呼ばれる。

ややこしいな。

日光不足は最大の敵。毎日、昼間は日当たりの良い処に置く。

プリンセチアはこれから春にかけて楽しむ花。

こんな可愛い花は眩し過ぎる。

あれれ?
眩しいなんて他の花にも言ったような気がする。花が眩しいなんて、よほど日の当たらない生活に慣れてしまっているのね。

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »