« 「野球」の命名 | トップページ | りん りん りん »

2015年8月11日 (火)

Agena Dogena (あげな どげな)  -筑後地域文化誌ー

縁あって、筑後地域文化誌「Agena Dogena」を購読している。
年2回の発行ではあるけれど、内容は充実している。
 

昨今の冊子というと、広告に埋め尽くされていて戸惑いを感じるけれど、この本には一切広告がない。すっきりしていて清涼感を覚えるほど。(A4版)

最新の第7号が先日届いた。
 

目次をご紹介したい。 008_3

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〈筑後川水系の世間遺産〉
筑後川水系の世間遺産を探す旅

                 
日田

特集・戦後70年

筑後の戦争遺跡を歩くノート

ドイツ兵俘虜が久留米に残したもの
その時、街が戦場になった。ー 終戦間際の荒木空襲
一日ちがいの戦場の奇縁  ー 丸山豊と日野葦平 

                    戦争の記憶を語る 

      漫画日記が伝える戦時下のくらし
                (ぶらり筑後史)
                「蒲池の姫君」

             <筑後川ものがたり>
      高橋裕  わが青春の川・筑後川

   <筑後の自然>
               カマツカ
               愛嬌のある底砂掃除係

 <異郷の筑後人>
              ミュージシャン   鮎川誠さん

              (筑後のクニから)
              「久留米絣は年を重ねるほどに美しさを増す」
                       澤地久枝さん

 <薩摩街道を歩く 4 >
                   府中南~松崎宿

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この冊子には「世界遺産」ならぬ「世間遺産」が溢れている。
一言で言えば郷土愛に溢れた真摯な本。

暑い夏はこんな読書して涼しさを感じるのもいい。
一部500円では台所は苦しいらしいのでついつい応援したくなって紹介してしまった。


009_3001

 

 

 


涼しいカマツカのカット。


そうそう、「あげな どげな」って何??

この本の出版元久留米地方の方言で、
「あげな」→「あんな」 「どげな」→「どんな」という。博多弁もそうである。

|

« 「野球」の命名 | トップページ | りん りん りん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「野球」の命名 | トップページ | りん りん りん »