« レースの奥 | トップページ | 『みどり書房』             - 森島裕雄句集 - »

2015年6月15日 (月)

梅の甘露煮

一晩部屋に置いただけでも刻々と色づく梅の実。
なんてきれいなのだ。

005_2
毎年知人に頂く「梅の甘露煮」に魅了されて、今年は自分で作ることにした。
大きな実の「南高梅」。約一キロ。

教わった作り方は
①洗って、芯を爪楊枝で取り除いて、水気を拭いて、冷凍庫に一晩入れて置く。
ここまでが今日の仕事。

②明日は冷凍庫から出して、梅の実と同じ分量の砂糖に漬けこむ。

このあと、砂糖が溶けたら実を煮込むらしいけれど、
も少し、最後の煮詰め方など詳しく聞かなくちゃ。


   青梅の臀うつくしく揃ひけり           杉田久女
 

   青梅の最も青き時の旅            細見綾子 

   青梅が闇にびつしり泣く嬰児        西東三鬼 

   牛の顔大いなるとき青梅落つ        石田波郷

私にとっての青梅は祖母の家の庭にある古木から際限もなくぽろぽろ落ちて来るめっちゃ酸っぱい実。梅の実を美しいなんて思わなかった。
今見る青梅は目が青い矢で射抜かれたと思うほど美しく青い。

|

« レースの奥 | トップページ | 『みどり書房』             - 森島裕雄句集 - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レースの奥 | トップページ | 『みどり書房』             - 森島裕雄句集 - »