« 残す言葉 | トップページ | ティッシュボックス »

2015年5月17日 (日)

鳥の世界                - 鳥を見る窓 -

 009
野鳥が集まるせせらぎは周りの新緑の中を縫うように光っている。
カワセミの白い止まり木が印象的。
 

先日、「街俳句会」の研究句会の一環として「長浜公園」近辺のミニ吟行を行った。
写真はその際覗いた野鳥観察の「鳥を見る窓」。

窓枠の横にノートが掛かっていて、この窓から見た鳥の名、月日とその時刻を記入するようになっている。ノートを見ると何時、どんな鳥がやって来たのかが一目瞭然。皆で野鳥をやさしく見守ってるのね。

カワセミが来てくれないかな。アオサギでもいいや。ウでもいいんだけど・・・。

今は雀一羽だって来ていない様子。
森閑としてまるで窓の向こうは別世界。

この窓の少し手前の椅子に数人座って水辺を眺めながら、3句を作る。ここでお昼弁当も食べる。いい時間。

13時、「野口英世記念館」に隣接する「長浜ホール」に集合。
句会が始まった。

|

« 残す言葉 | トップページ | ティッシュボックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残す言葉 | トップページ | ティッシュボックス »