« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月27日 (月)

赤蕪の花

006赤蕪の花」咲きました~

何でうちのミニミニ菜園に菜の花?
なんて一瞬思ったのだけど、そうだ、そうだ!赤蕪を埋めたことをすっかり忘れていた。

赤蕪の葉っぱを切り落したあと、小さな葉っぱが又出ていたので、土に埋めておいた。たった一つの赤蕪。

いつの間にかすっかり成長して、こんなに黄色い菜花が咲いた。
びっくり!

赤蕪は強烈な赤という武器で人の心をくすぐるけれど、
花ってやさしいのね。

549どうしてあの蕪のような赤く妖しい花を咲かせないのでしょう。
これもきっとあのいたずら好きの神様の仕業に決まってる。・・・と思って納得。

| | コメント (0)

2015年4月22日 (水)

黄色いボール

 003
誰がいつの間にこんなに沢山の鯉幟を繋いだのでしょう。不思議!

ゴールデンウィークあたりから一気に夏になる気配。


黄色いボールが遊んでもらうのをまっている。
002_2

このボール名は「OVERBALL」

「オバーボール」ではない「オーヴァーボール」。

この黄色いボールを使って体も頭も柔らかくなりたい・・・と切に思う。

003_3



いい季節がやっと巡ってきた。

| | コメント (0)

2015年4月17日 (金)

食べたあと       - 薇&明日葉 -

003この季節、毎日ウォーキングをしているYは何かしら土産を持ち帰る。

数日前は「明日葉」と「薇」(ぜんまい)を摘んで帰った。何処に生えていたのか聞いたら、企業秘密で言えないとのこと??

私の推理では多分、立入り禁止の空き地周辺ではないかと想像している。

野草については意外と知らない人が多い。
特に今住んでいる付近は、昔、里山だったということもあって、自然に恵まれていて野草が豊富だ。

食べられる野草を見つけ出すのは都会育ちの人には難しいことかも知れない。
要するに山国育ちが得意とする分野である。

それにしてもこの「明日葉」は図鑑のと比べると少し怪しい。
けどいいや。もう天麩羅にして食べちゃったのだから。

  食べしあと見る薇の図鑑かな(hoko)

| | コメント (0)

2015年4月14日 (火)

釦(ボタン)探し

008たま~にブラウスとかジャケットとか買ったとき、付いているボタンがどうも今一・・・という時がある。

そんな時は自分の手持ちのボタン箱の中から合うのを探して、それでも合うのが無い場合、手芸店へ行って買うことにする。

最近困ったことに近所の手芸屋さんが撤退してしまった。ちょこちょこと、ミシンを踏むのが好きな私にとってこれは非常に困ったこと。

横浜とか青葉台までボタン数個を買いに行かねばならない。

大型店に商品がすべて集中しているご時勢だからこれも仕方のないこと。

青葉台へボタン買いに行って、ついでに「無印良品」の、キッチンコーナーへ行って、ステンレスボールとお玉乗せを買って、午後の時間を使い切った。やれやれ。

004

白い「ゼラニューム」と「カランコエ」。
カランコエは寒い冬を耐えてよくぞ咲いてくれた。ありがとう。

| | コメント (0)

2015年4月 6日 (月)

桜の頃


夜桜やうらわかき月本郷に             石田波郷

   
花冷の顔ばかりなり雲の中           〃


001

002

富士はだんだん霞んで見えない日が多くなる。

夕日が家々の壁を赤く照らしている。
桜の散る速さも速度を増してきた。

この季節、散る桜に時間が煽られているようだ。
一日があっという間に過ぎる。

今日のプラスは石田波郷の句集を開いたこと。

今日のマイナス。金目の切り身に塩してチルドに入れていたのをすっかり忘れて、麻婆豆腐を作ってしまったこと。それも数年ぶりくらいに張り切って。これ、完全なミスマッチ。
マーボは当然明日送りと相成りました。

| | コメント (0)

2015年4月 2日 (木)

亀に幸あれ!

009
150331_1259023
  

昨日も今日も桜は満開です。

緑亀だって池を脱走して花見に行くご時勢なのだ。果てしなく続く道路を彷徨ふのは大変だろうに。

まだ道半ばの小さい亀にいつの間にか二人、三人集まって珍しそうに見ている。

あの亀、あの時点で池へ返してあげるべきだった。
亀の本能で又水の中へ戻れただろうか。??

夜になってもそのことが頭の中に尾を引いて、後味の悪い一日になってしまった。

桜は人も亀をも迷わせる。

一夜過ぎて思い出した緑亀のこと。

生れてしばらくは4~5cmの可愛い亀は徐徐に大きくなり大人になると20~30cmほどまで成長するとのこと。
そしてまともに飼えば30年以上長生きするのだそうな。
あの迷へる亀に幸あれ。

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »