« 鶺鴒(セキレイ) | トップページ | レタス前線 »

2015年2月 6日 (金)

白い橋渡って            

映画「マエストロ」を観た。

投句を終えて、頭に違う細胞が欲しいと思ったら手っ取り早く映画がいいかな?なんて単純な思いつき。

映画館はJR鴨居駅から「ららぽーと横浜」まで徒歩8分。
途中、鶴見川を渡る。
久しぶりに渡った橋は、いつの間にか改修工事されて眩しいほどに白く変貌している。

002

橋の中ほどに船の舳先のようなベランダのような見晴らし台のようなポイントがある。
この手摺りから空へ両手を伸ばせば、ジュリエットにもタイタニックのヒロインにもなれそう。この橋いいデザイン!


松坂桃李は若いヴァイオリニスト役。
金槌の指揮棒を振り回し、謎めいている指揮者役の西田敏行の熱演が圧巻。

映画は一度潰れたオーケストラが寄せ集めのメンバーで、再び蘇るまでをドラマチックに描いている。

松坂桃李は少し抑えた演技で、でも若若しくまっすぐな視線。イケメンはやっぱり特だなぁ。指揮者の訳ありの行動が最後に紐解かれる筋書き。

ベートーベン「運命」の演奏の微妙な出だし・・・音楽好きにはたまらないかも・・・。
否、あれは常識・・・と思われるか・・・。

001_5

行きも帰りも人通りの多い白い橋が印象的だった。






 短日の鷗座に
観しチャップリン       いほこ(2007年)

昔、東横線、白楽駅の高台に住んでいたことがある。
駅前に「鷗座」という映画館があったが今はある筈もない。

|

« 鶺鴒(セキレイ) | トップページ | レタス前線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶺鴒(セキレイ) | トップページ | レタス前線 »