« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

ずれたダイヤモンド

016
あ~あ、やっぱりずれてしまったダイヤモンド。
今回もダメでした。

多分、三~四日前だったら頂上にばっちり王冠のように光り輝いたと思う。

数日間夕空は雲に覆われ、すっかり忘れていた富士。
こんな感じで「ダイヤモンド富士」には中々お目にかかれません。(
02/28 17時37分)

| | コメント (0)

2015年2月23日 (月)

新作紙雛

   
    部屋中が匙に映りぬ雛祭      正木ゆう

004
掲句には七段飾りの豪華な雛壇と吊るし雛を添えたい。
華やかな雛祭の部屋が小さな小さな匙に凝縮されて映るのである。
こんな夢のような匙があってもいいと思う。女の子のお祭りだもの。


今年のうちの雛様はご近所の「折り紙名人」の新作である。
雛様は円錐形で立体的に出来ている。ふくよかで幸せ感がいっぱい。
玄関で毎日お出迎えしてくれる。

両脇の鶴も華やか。
これ、もしかしてあの東北の被災地に生まれた「希望の鶴」っていうのかな?

1267
日本にやってくる外国人のお土産としてとても人気があるという「鶴」

私もこの新作鶴にお目にかかったのは今回が初めて。
いいなぁ。

| | コメント (0)

2015年2月17日 (火)

グレートな人

 雪嶺やマラソン選手一人走る         西東三鬼


毎朝ついつい見てしまうNHK、BSプレミアムの再放送「グレートトラバース」。 

田中陽希さんは日本100名山の「一筆描き」というキャッチフレーズで、次々名峰を制覇してゆく。

昨年、彼は屋久島の「宮之浦岳」から北海道の「利尻山」まで7800キロ、100名山を完全踏破した。名山を結ぶ道は徒歩、海はカヌーを漕いで渡った。

その再放送を最近数回観たら病みつきになってしまった。
毎朝観れる頂上踏破。たまらない爽快感。
15分という短い枠も忙しい主婦には程よい時間である。
 

陽希さんは饒舌では無いところがいい。多くを喋らず、けれど一つ一つに感動がある生の言葉。

今日の頂上は名峰「赤石岳」。3121m。
この頂上から青く輝く富士を望み、「生きていて良かった!」と呟く。

「隣に聖岳が見えますが、可愛く見えます」と言う。
30分ほど雄大な山岳パノラマを独り占めして堪能し、又、次の山頂を目指す。

「グレートな人」をテレビで観て感動する毎朝。
再放送だから、今頃観てるの?って誰かに言われそう。 でもいいか・・・。


001
ずっと年上だけれど山登りの好きな従兄弟が一人いた。
それに付随するような趣味は、石を集めて磨きをかけ色や形を愛でるというもの。

形見のような石が一つある。我家の何処に置いてもぴったりとは行かない置物。
ふっと思い出して、今日はきれいに拭いてあげた。いつも忘れていてごめんなさい。

| | コメント (0)

2015年2月11日 (水)

レタス前線

 レタス前線信濃ちらほら甲斐が旬      野宮猛夫

006
このところ横浜地方はかなり冷え込んでいて、
レタスをリビングに入れっぱなしにしている。
日当たりがいいからよく育つ。うふふ。

苗を買った時はスーパーのレタスの値段が滅法高い頃だった。

その後、育ったのを食べ尽くして、
現在のは又そのあとに葉っぱが出てきたもの。

さ緑のフリルの葉がきれいなので最近はもっぱら鑑賞用。
硝子越しの日射しはもうすっかり春。

これから美味しくなるレタス作りお勧めします。
これ、鉢植えです。


野宮猛夫さんの句、「レタス前線」にはどっきり。
このレタス色の前線が迫ってくる春。もう始まっている。

| | コメント (0)

2015年2月 6日 (金)

白い橋渡って            

映画「マエストロ」を観た。

投句を終えて、頭に違う細胞が欲しいと思ったら手っ取り早く映画がいいかな?なんて単純な思いつき。

映画館はJR鴨居駅から「ららぽーと横浜」まで徒歩8分。
途中、鶴見川を渡る。
久しぶりに渡った橋は、いつの間にか改修工事されて眩しいほどに白く変貌している。

002

橋の中ほどに船の舳先のようなベランダのような見晴らし台のようなポイントがある。
この手摺りから空へ両手を伸ばせば、ジュリエットにもタイタニックのヒロインにもなれそう。この橋いいデザイン!


松坂桃李は若いヴァイオリニスト役。
金槌の指揮棒を振り回し、謎めいている指揮者役の西田敏行の熱演が圧巻。

映画は一度潰れたオーケストラが寄せ集めのメンバーで、再び蘇るまでをドラマチックに描いている。

松坂桃李は少し抑えた演技で、でも若若しくまっすぐな視線。イケメンはやっぱり特だなぁ。指揮者の訳ありの行動が最後に紐解かれる筋書き。

ベートーベン「運命」の演奏の微妙な出だし・・・音楽好きにはたまらないかも・・・。
否、あれは常識・・・と思われるか・・・。

001_5

行きも帰りも人通りの多い白い橋が印象的だった。






 短日の鷗座に
観しチャップリン       いほこ(2007年)

昔、東横線、白楽駅の高台に住んでいたことがある。
駅前に「鷗座」という映画館があったが今はある筈もない。

| | コメント (0)

2015年2月 3日 (火)

鶺鴒(セキレイ)

002
可愛い鳥の声が頭上より。「ピーヨリ、ピーヨリ」
鶯でも雀でも目白でもない声。まだ大人の鳥ではない幼い感じの声。

もしかして、鶺鴒(セキレイ)? 間違いない。
成鳥だったら、人の気配がするとすぐ飛び立つはずなのに只、鳴いているだけだ。
カメラを向けても飛び立たない。幼い声は甘ったれている感じ。お母さん鳥を呼んでいるのかな。

最近、うちの近所、雀が減って鶺鴒が増えてるような気がする。
でも目白ほど沢山はいない。
こんな近距離で写せるなんてラッキー。 (02/03 15時42分)

日毎に日射しが明るくなって行く。でも風が冷たい。

サッカーのアギーレ監督解任。
何かしら強面そうな顔で、力強い感じのするアギーレさんのフアンだった。残念! 明るいニュースが欲しいな。

一つ明るいニュースあったあった。
テレビニュースで遠藤関が豆を撒く姿はかっこ良かった。


  暗くなる前の青空豆を撒く         いほこ(2014年)

今日は節分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »