« どこかで星が。 | トップページ | ドイツの雨 »

2014年10月28日 (火)

木枯し一号

Img_2073

きれいな芒を見たいと思ったら、芒に夕日の当る頃がお勧め。

もしかしたら「朝日の当る芒が何といっても一番よ」なんて言う人も居るかも知れない。
庭に芒でも生えていない限り朝の芒にはお目にかかれない。

なので、今の時期の横浜だったら夕方4時前後でしょうか。

芒なんて郊外だったらそこかしこにちょこちょこ生えている。
ちょこちょこでも夕日が当ると黄金色に輝く。
まるで晩秋のシンボルのように。

夕べ(27日)、東京で「木枯し一号」が観測された。
去年よりも15日早いという。いよいよ冬がやってくる。

  木枯に停止信号ありにけり(hoko)

という訳にはいかないのでしょうか??

Img_2100

|

« どこかで星が。 | トップページ | ドイツの雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どこかで星が。 | トップページ | ドイツの雨 »