« 諏訪の秋 | トップページ | 白萩 »

2014年9月23日 (火)

縄文のヴィーナス&仮面の女神

Img_09201_4Img_0922_25000年前に繁栄した縄文文化。
茅野市尖石(とがりいし)遺跡は訪れた者をとりこにしてしまう謎に満ちたエリア。

「縄文のヴィーナス」(写真上)。

全長27cm、重量2.1キロ。 

「仮面の女神」(写真下)
全長34cm。重量2.7キロ。
顔に仮面をつけた姿って、神秘的。何故?

どちらも妊婦であることの意味はなんだろう。
小さな土偶なのに存在感は大。
縄文の美女とはぽっちゃりと可愛く、どっしり型。

完璧な姿で掘り出され、
それを見る事が出来る我々は何ととラッキーなこと。

      
   棗(なつめ)の実食べて土偶に戻るかな (hoko)

|

« 諏訪の秋 | トップページ | 白萩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 諏訪の秋 | トップページ | 白萩 »