« おとといの雫 | トップページ | 軽鴨親子との遭遇 »

2014年5月21日 (水)

針金のような          - 鉄線花 -

   狂ひ咲く鉄線高さ失はず          上田五千石

   鉄線花と鵜とぐんぐんと近づきたる    金子兜太

Img_05231
蔓が細く針金のようなのでこの名がついたという。

「鉄線花」は江戸時代から栽培されている一見古風な花。
鑑賞用に改良された華やかな感じの花は最近多く見かける「クレマチス」。
とすればこのワイン色の花はクレマチス。

花壇の花もいつの間にか夏の花盛り。
ジャスミン、君子蘭、桑の実等々の中にあってこのワイン色は特に印象的。
あ、君子蘭は春の季語でした。道理でもうくたびれたようにぐったりしてたっけ。


PS
今日はクレマチスを見てから翡翠池へ行ってみた。
何でも親子づれのカルガモが出現したという噂を聞いたのだ。
9羽の子を連れたカルガモなんて夢のような話。

今日はダメだった。
何時の日か出会えるだろうか。
もう何処かへ旅立ったのではないかしら。
噂の性で翡翠池の周りがざわついている。

|

« おとといの雫 | トップページ | 軽鴨親子との遭遇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おとといの雫 | トップページ | 軽鴨親子との遭遇 »