« 札幌オリンピック記念切手(6)   - パラグァイ共和国ー | トップページ | 何度読んでも「生きるヒント」 »

2014年2月25日 (火)

ソチが終って さて

Img_0267_2
開催前はそんなに興味が無かったソチ冬季オリンピック。
なのに日を重ねるごとに選手一人一人のドラマが紐解かれるにつれ、テレビや新聞のニュースに引き込まれて行った。並みの人ではない選手の集団がオリンピック。

スノボード、スケート、スキージャンプ、モーグル等々、
ほんの少しだけどルールに詳しくなった。
羽生結弦さん、浅田真央さん、、高橋大輔さん、葛西紀明さん、竹内智香さん・・・名前を上げれば限がない。「有難う。お疲れ様!」と選手全員に言いたい。

少し静かになったお茶の間に
名も知れぬ花がひっそり咲いている。
この花の名を調べるのってどうしたらいいのだろう。
青い4枚の花びらは道端の菫よりも小さい。Img_0287

150円でこんなに心奪われる可憐な花が買えるなんてうれしいな。又少しづつ春が近づく。


俳句の世界ではもうとっくに「春」。
今日の朝日新聞夕刊に掲載された、ランドセル俳人小林凜君(12歳)の句には驚いた。上手だなあ。

印象に残った句。

いじめられ行きたし行けぬ春の雨 (11歳時)   小林 凜 

  
10年後20年後に変身した彼の俳句を是非読んでみたい。

|

« 札幌オリンピック記念切手(6)   - パラグァイ共和国ー | トップページ | 何度読んでも「生きるヒント」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 札幌オリンピック記念切手(6)   - パラグァイ共和国ー | トップページ | 何度読んでも「生きるヒント」 »