« 開かない郁子の実 | トップページ | 寒桜 »

2013年12月 3日 (火)

青蜜柑

   青蜜柑食ひ父母とまた別れたり        石田波郷

「また別れたり」っていうことは、「また会える」ってこと。
父母と会うたびに青蜜柑食べるっていいな。




うちのキッチンの籠も蜜柑が豊作。
葉が付いているのを見るだけで肌がImg_9946_4
美しくなりそう
でわくわくする。
 

 それにしてもレモンと柚子の名は分かるけれど、あとの蜜柑の名前は皆目分からない。

送り主も知らないという蜜柑の名。
毎年分からないまま口に入れてしまう。
橙ほどの大きさの蜜柑は一体どんな名なのだろう。

不思議なことに籠の蜜柑も日ごとに黄色くなり、
「青蜜柑」というのは束の間のこと。

葉付き柚子はビニル袋に入れて冷蔵庫に入れておくと
一週間はきれいな葉のままだ。
毎日青い柚子の葉を冷蔵庫で確かめて、「生きてる!」を実感する。
お笑い下さい。この頃些細なことに感激します。


Img_9922_3


近所の鬼柚子はこのところますます黄色い凹凸が美しい。

|

« 開かない郁子の実 | トップページ | 寒桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開かない郁子の実 | トップページ | 寒桜 »