« レースを付けて | トップページ | ペパーミントの籠 »

2013年10月29日 (火)

『chalaza』          ― 玉田憲子句集 ―

箸先より逃ぐるカラザや柿若葉

あとがきより抜粋。
―『chalaza』(カラザ)というのは鳥類の卵黄の両端についている紐状のもので、たんぱく質でできていて卵黄を卵白の中で一定の位置に保つ役割をしています。元々はラテン語 だそうで、「殻座」というのは当て字だということです。―

あ~あれですね。毎朝、カラザに逃げられている読者としては
奇妙に現実感のある句集名『chalaza』に納得。
 

アボリジニアイヌイヌイット鳥渡る

舌を噛みそうなカタカナ言葉なのに独特のリズム。一度聴いたら絶対忘れない上五、中七。民族の根源を思わせる「アボリジニ」「アイヌ」「イヌイット」を配して「鳥渡る」という壮大なロマン。知性とどこかに土の匂いのするなつかしさを感じる。



この星に残るとすれば灸花


この星には、もしかして誰も残れない怖い時代が来るのかも知れない。
そんな不安がふと過る。
でもでも・・・「残るとすれば」
は、切ない言葉。

可憐で目を離せばどこへでも遊びに行ってしまう流星のような「灸花」。

ロマンチストな作者の素顔ががちらっと顔を出す。
「そんなに地球から食み出さないでここに残って」と私も切に願う。
灸花フアンとしては擽られるような感覚。

 月光遍し抱かれたくなき乳房にも

 代田べり軽トラの中に抱擁すImg_9850_2
 

 子に夫に聖菓切り分け不幸せ

 愛憎の憎の勝る日悴めり


 裸婦像は「煌く嫉妬」冬雲雀


 

 この家のどこかで漏電ねぢあやめ


 姉よりも兄の優しき山桜桃


 文京区の六年生の植田かな


 胡桃割るこの世の底に二人きり

 とびかかつてきさうな漢冬林檎

 熊の棲むやまやま高く合歓の花

 

 寂しいよ月を殴りて星蹴飛ばし

 
池浚ふ男時々吾を見る

 緑さすモルドヴァ民謡泣くやうに

驚いたことは、句座や「街」誌
での憲子さんの句を沢山記憶していることだった。それだけ印象深く共感した句が多かったということ。

繰り返される日常を新しい角度から表現してドラマ性を出すという写生に挑戦された作者。辛くて
甘いエッセンスが一杯詰まった句集でした。

               玉田憲子句集 『chalaza』(2013年8月刊行)   

|

« レースを付けて | トップページ | ペパーミントの籠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レースを付けて | トップページ | ペパーミントの籠 »