« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月28日 (火)

少し暇

最近、俳句仲間の友人に時々絵手紙を戴くことがある。
この絵手紙こそが私も描きたい!と思うほど
素敵な絵なのである。

小さな絵手紙・・・。いいなこれ。
最近では滅多に反応しない私の脳をキラキラっと刺激してしまった。
Img_9427
それに昨今少し暇。
近所の森を歩かない分、時間が出来たらしい。

マジックインクで描いて、絵手紙先輩のものと比べると、やはりデッサンのインパクトがないなぁ
。今現在表現力ゼロ。

・・・けど、これから「少し暇」のとき描いてみようか。
まだ作品発表は出来ないけど、うっふっふなこの時間。内緒、内緒。

Img_9421
ついでに今夜のもう一品は
「味噌ドレッシングの里芋」。
大きな里芋であっても圧力釜であっという間にほこほこ柔かくなる。
.山椒の香りがgood。
田舎っぽいなぁ~

| | コメント (0)

2013年5月17日 (金)

死に遠き頃

過去に観た数ある映画の中の忘れられないストーリーであっても
誰と一緒に見に行ったのかは全く思い出すこともない。
そんな映画の一つ「地上より永遠に」(ここよりとわに)。

小さい頃から妹の様に私に接してくれた従兄妹のSが先日逝ってしまった。

伯母の末っ子で私より8つ年上。突然の死。

彼の訃報を聞いた翌々日、横浜線に乗っている時だった。

あの映画は彼と一緒に観に行ったという事を
アルバムを捲るように鮮やかに思い出した。
何度もテレビで観ている映画なのに
どうして今迄思い出さなかったのだろう。


ストーリーは1941年夏のハワイ、ホノルルの米軍基地が舞台。
プルウィット(モンゴメリ・クリフト)・その親友マジオ(フランク・シナトラ)・
曹長(バート・ランカスター)・その恋人(デボラ・カー)という豪華なキャスト。
Img_9407_5
Img_9410_11
営倉の中で悲惨に死んでいった親友、マジオを悼んで
プルウィットが吹くトランペットのシーンには泣いてしまう。
いくつかのシーンに挿入されるプルウィットのトランペット
が効果的。

未だ中学一年生だった私を映画に連れて行ってくれた従兄妹は大学生。
大きな封切館ではなく福岡唐人町の小さな映画館。
あの頃はどこの映画館も人でいっぱいという時代。
そういえばあの日も混んでいたなぁ。

たった一度だけ一緒に観た映画が「地上より永遠に」なんて。
Img_9415
半世紀以上も経って、それも彼の亡くなったあとに、突然思い出すなんて。

「地上より永遠に」は
あまりにも懐かしく悲しい映画。
 

 


死に遠きセーラー服の更衣          いほこ
(2010年) 

| | コメント (4)

2013年5月 9日 (木)

グリーンケーキ

最近スーパーで買う野菜の値段がお安い。
ということは暖かくなって野菜の育ちが良くなっ
て市場を出回る量が増えたってこと?

Img_9243
窓際族のうちのレタスも次々葉をつけてダメになりそうでならない可愛い緑たちである。

お好み焼きは今の季節が最高。緑のキャベツをどっさり切って、青葱、玉葱、干しあみもどっさり入れる。

約20分で焼きあがったら、上に好みのソース、マヨネーズ、
かつお節、海苔をふわっと掛けて出来上がり。

「わ~い。グリーンケーキだ!」・・・というのが私の売りなのであります。
 

  初夏の御好み焼の緑濃し    いほこ

Img_9371_3Img_9375_4

| | コメント (2)

2013年5月 2日 (木)

鯉幟

 みちのくは小家小家の鯉幟      原 石鼎

折り紙名人から時々折り紙が届く。

Img_9357
最新作は超可愛いミニ「鯉幟」。
高さ14cm。
先月からうちの玄関にはためいている。

まるでそれは谷内六郎の世界。
兜も新作に相応しい形。

 


Img_9381_2
一日が過ぎ一週間が過ぎ一ヶ月が過ぎ・・・を繰り返して、いつの間にか新しい季節がやって来る。

さあ、五月!
良くも悪くもわっと全身に響くような「五月」という語感。そんな五月も例年よりずっと寒い。

それでも流石に午後の日射しは明るく、
鯉幟を見ながらついつい池を二周してしまった。

風の無い日の鯉幟は行儀が良過ぎてつまらない。
その点うちのミニ鯉幟はいつも元気ですぞ。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »