« 『白鳥』            ― 池田義弘句集 ― | トップページ | いい夜 »

2013年3月15日 (金)

チューリップ

チューリップ喜びだけを持つてゐる        細見綾子

一万歩来てぼろぼろのチューリップ        小久保佳世子

 

空に突き抜けるように翳りのないチューリップ。
チューリップは喜びの塊。喜びそのもの。

一方、一万歩あるいてあるいて来た地点に咲く
黒く変色したぼろぼろのチューリップ。
否、此処まで歩いて来たのは
ぼろぼろのチューリップそのものなのかも知れない。
「頑張ったのね。チューリップ」と言いたい。

喜びと哀感。両極にあるどちらのチューリップも好き。


三年に一度くらいのペースで胃カメラを呑んで検査を受けている。
胃カメラなんて出来れば呑みたくない。
医者が勧めるから、じゃあ・・・という感じで渋々受ける定期検診である。


昨日は胃カメラの日だった。
検診のあと、看護師さんが「組織を少し切除しましたので検査に廻します。
先生のお話がありますから少しお待ち下さい」とクールな顔で言う。

え、えっ!こ、これはちょっといつもと様子が違う!
切除して検査に廻すなんて初めてである。
そして少し待つこと1時間も・・・・。
この間不安は募るばかり。
Img_9200
やっと名を呼ばれて画像を観ながらの先生のお話。

「全体的にどこもきれいですね~」と先生は笑顔でケロリと言って、たくさんの画像をパソコンに拡大して隅々まで見せてくれた。
「ピロリ菌もいないですね」・・・と。

「只、良性のポリーブが、こ、これね。これを一つ切除しましたけど、一応念のため検査に出しますので結果は2週間後に分ります。」・・・なあんて。

一時間も待たせて、心配させて。
こんなことはもっと早く教えて欲しいよね。

とは言え、あの待ち時間の何ともいえない不安のあとのこと。
花屋でチューリップ10本買ってしまった。
こんな日のチューリップはやぱりピンクに限りますね~

|

« 『白鳥』            ― 池田義弘句集 ― | トップページ | いい夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『白鳥』            ― 池田義弘句集 ― | トップページ | いい夜 »