« 胸に東風 | トップページ | 『カルナヴァル』           ― 金原まさ子句集 ― »

2013年2月 9日 (土)

ヤーコン

Img_9106
初めて出合った「ヤーコン」。
手榴弾のような・・・薩摩芋のような・・・、こ、これは一体なんなのだ。

これ「ヤーコン」っていうんだけど、きんぴらとか、天麩羅とかサラダとか色々食べ方はあるみたい。ま~試しに召し上がって・・・。と、言われた。

どうやら最近、近所の家庭菜園でこの根菜がブームらしい。

Img_9118
輪切りにすると、薩摩芋と違って水分を多く含んでいる。ジューシーなのだ。
だからジュースにしてもいいらしい。

ついでにネットで調べると、何だか体に良さそう。
あらゆる野菜の中で最高にオリゴ糖を含み、植物繊維も多く、ヘルシーな野菜だとか。

結局、人参とヤーコンで簡単に出来る「きんぴら」を作ってしまった。(最後に擂り胡麻を振りかけて)

いつものきんぴらより薄味にしたところ、予想を超えて?美味しい「もう一品」が出来ました~
 私って、きんぴらしか能が無いのかしら??

追記になってしまったけれど、ヤーコンって、黒い乳房のようにもふと見えて、
先日のブログに取り上げた安藤しげるさんのもう一句が思い出される。

蛸壺はすでに乳房が住んでいた       安藤しげる

まだまだ印象的な句があるある。

おぼろ月男の肉に垢たまる
夜学生楽器屋にいて静かな雪
ボロロンと竪琴が鳴り木が枯れる
時雨の街鳩泣く声を拾おうよ
祖母ほぐす糸よどんどん蛇になる
夕風や皺のさざ波どうしよう               
                    安藤しげる句集『胸に東風』(2005年上梓)
より

|

« 胸に東風 | トップページ | 『カルナヴァル』           ― 金原まさ子句集 ― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胸に東風 | トップページ | 『カルナヴァル』           ― 金原まさ子句集 ― »