« 忍者のごとく | トップページ |  『夏の谿』 ー 石井薔子句集 ー »

2012年12月13日 (木)

もう一品

献立にもう一品ほしいな。
なんてことがよくある。

Img_1813_5
冷蔵庫の中にあるものですぐ出来て、食卓の端っこに置いても存在感を発揮してくれるもの。
Img_1811






今日のもう一品は「きんぴら」にしようっと。

材料は①レンコン②人参③炒り子④ゴマ

出し用の「炒り子」は関東では中々手に入らない。これは博多から届いた玄界灘の炒り子。

いい味が出て、お吸い物にしてもいいほどの上品な出し。こんな出しを取ったあとの炒り子をきんぴらにする。最後にゴマを振りかけて出来上がり~。

振り返れば私に料理の句がほとんど無いなんて??
やっと思い出した一句。


  聖護院大根冥くなるほど煮詰めをる    いほこ
(2010年)

|

« 忍者のごとく | トップページ |  『夏の谿』 ー 石井薔子句集 ー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忍者のごとく | トップページ |  『夏の谿』 ー 石井薔子句集 ー »