« 小鹿田(おんた)焼き | トップページ | 消えゆくもの »

2012年9月12日 (水)

絵葉書

 雪の日暮れはいくたびも読む文のごとし      飯田龍太

最近絵葉書が大好き。勿論絵手紙も。

絵葉書が来ると絵葉書で返事を書く。
読むのも書くのも楽しい。短くて簡単。
これから書く絵葉書を選ぶのも楽しい。

ましてや自分で絵手紙を描くのって楽しいだろうな。
何でも知人の話では15分もあれば描き上げるということを聞き驚愕した。このあっという間の作品に見惚れてしまう。


絵葉書を読んだあとはしばらくの間、机のまん前に貼っておく。
まん前は本を置かない余白の壁。
Img_8811_4
新しい絵葉書が来たら入れ替える。世界で一番小さな画廊?かも知れない。

時には何年か前に頂いた
絵葉書がカムバックすることも・・・・。

Img_8819_2 

目の前に諸葛菜の絵手紙、そして源氏物語、モディリアニ、棟方志功、カシニョールの絵葉書が並んでいる。贅沢だなあ。

蝉があっという間に消えて、虫の夜となりました。

|

« 小鹿田(おんた)焼き | トップページ | 消えゆくもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小鹿田(おんた)焼き | トップページ | 消えゆくもの »