« 絵葉書 | トップページ | 小風呂敷 & 大風呂敷 »

2012年9月19日 (水)

消えゆくもの

  東京の椎や欅や夏果てぬ      石田波郷

長い長い夏も何とか終焉に近づいた。
暑さを凌いで、ずーっと家に籠っていたような気がするけれど、
ざっと記憶を辿ってみると6月~8月の暑さの中結構外出していたことに気付く。

今井聖主宰の「街」句会に参加9回
観劇1回
親友と横浜で食事とお喋りしたのが2回
伊勢佐木町へ所用で1回
一泊旅行1回
漢方診療所へ4回
整形外科へ6回  


あれあれ、結構出かけているではありませんか。

先日、友人に「あの翌日、リーチ展に行ったの?
ブログに一人で行くって書いてあったので電話して、私もご一緒しょうかと思ったのよ」なんて、うれしいことを言われてしまった。
Img_8823

正直、お電話下されば女二人でご一緒出来たのに残念。

結局出かける直前になって、「ボクも行きたい!」と言い出したYと一緒に出かけたのであります。

リーチ展のあと、日本橋からは少し離れている築地市場へ久しぶりに足を伸ばして食事した。でっかいアナゴ丼は美味しかったけどいつまでもお腹一杯で困ってしまったっけ。
今思うと9月5日も殊に残暑の厳しい日だった。

等々、夏の思い出も一雨ごとに淡く消えゆくものなのですね。

Img_8821_6Img_8802_4


Img_8802

|

« 絵葉書 | トップページ | 小風呂敷 & 大風呂敷 »

コメント

寒さん、こんばんは。
バーナード・リーチ展行って良かったです。
リーチは浜田庄司と共にセント・アイヴスで登り窯をを築いたのですね~
その頃の作品も沢山展示されてました。

私はあまり陶芸に詳しくはありませんけど、東洋と西洋の美の融合の不思議な魅力には惹かれました。色感がいいですね~
二人で出かけたのも久しぶりでしたし、確かに良い一日でした(笑)  (hoko)

投稿: hoko | 2012年9月20日 (木) 22時59分

バーナード・リーチ展ご夫婦で行けて良かったですね。穴子どんも美味しそう。リーチがイギリスのコーンウォール半島の港町セントアイヴスで陶芸を続けていた頃の作品もあったでしょうね。浜田庄司との交流もあって日本とは縁の深い作家ですね。良い一日でしたね。

投稿: 寒 | 2012年9月20日 (木) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絵葉書 | トップページ | 小風呂敷 & 大風呂敷 »