« 黒い富士 | トップページ | 絵葉書 »

2012年9月 4日 (火)

小鹿田(おんた)焼き

英国の陶芸家バーナード・リーチ(1887~1979)の生誕125年を記念して、日本橋Tデパートで「バーナード・リーチ展」をやっている。

9月10日まで開かれているので是非この機会に私もリーチの作品を見ておきたい。もう残り六日間しかないけれど行けるかな、どうかな?

個人の好みを左右する陶芸展なんて友人を誘うには少し抵抗がある。その日の朝の気分でぱっと一人で出かけることにしよう。
Img_8801
日本と日本人を愛したリーチは度々日本を訪れ、各地の窯を巡り、職人たちの技やデザインに影響を及ぼした。

大分県日田市の「小鹿田焼き」もリーチにデザインを絶賛され有名になった焼物。

我家の小鹿田焼きは安物だけど、太古を思わせるシンプルなデザインは下手な私の料理を引き立ててくれるので結構よく使う。重たいのが難点と言えば難点だけどその分存在感ありなのだ。 

蛇足ですがYの実家が小鹿田焼きの窯元のある日田市なので、私も窯元を2~3度訪れたことがあり、この焼物に特別愛着があるのかも知れない。

あっ、もしかして明日リーチ展に出かけるかも・・・・・・。

|

« 黒い富士 | トップページ | 絵葉書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒い富士 | トップページ | 絵葉書 »