« 青の中 | トップページ | 愛読書 »

2012年7月27日 (金)

オリンピック前夜

玄関先で家に入りたそうに扉を見上げているカミキリ虫を見みつけた。

福岡伸一先生の「ルリボシカミキリの青」には敵わないけれど、
黒々とした翅に白い斑点が星のように点在する姿態は中々魅力的である。

恐る恐る立派な触角をつまみ上げて部屋へ招待した。
触覚をつまむと「ギーッ!ギーッ!」と啼くのである。
Img_8647_2
カミキリの声は一度聞いたら絶対に忘れない。

歓喜の声?怒りの声?悲しい声?否、否、何とも表現し難い、それはそれは「切ない声」なのだ。 

虫好きのYも「多分家では飼うのは餌が難しいかもね。逃がしてあげようよ」という。

カミキリは「ロンドンオリンピック」前夜の空を弧を描いて跳んでいった。

 くらがりに捨てし髪切虫が啼く      橋本多佳子

明日から「ロンドンオリンピック」。
いよいよ、ワクワク、ドキドキの夏本番が始まる。

|

« 青の中 | トップページ | 愛読書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青の中 | トップページ | 愛読書 »