« 沢庵狂人 | トップページ | ついでに »

2012年2月14日 (火)

ランチョンマット

犬が来て覗く厨の春の暮           山口誓子

山また山の裾の厨の若葉かな        高野ムツオ


一生を考えると女性にとって台所にいる時間はかなりのものである。
そして台所からテーブルへ運ぶ料理。
Img_8354
そのテーブルと皿との狭間という微妙な位置にあるのがランチョンマット。

最近ランチョンマットを縫うのが楽しい。
沢山の端切があるのに以外とマットに出来そうなものが無いのは不思議。
薄い布はぺらぺらしてダメ。柄がしつこいのは料理が映えない。
裏付きにするとアイロンの時ちょっと手間。Img_8353_5


私みたいな直感力の無い者は
端切れを並べるだけでぐずぐずと日が経ってしまう。

でもたまには勇気を持ってジョキジョキ布を切り落とし一気に縫う。
簡単~。Img_8344

母の着物を解いて洗濯を済まして・・・渋いけれどこれはきっとお洒落なマットになりそう。

派手な裏を付けて高級感を出そうか。
ところで一体いつ出来上がるのだろう。
Img_8350

|

« 沢庵狂人 | トップページ | ついでに »