« 白いまま | トップページ | 龍の飛ぶ »

2011年12月28日 (水)

伸し餅

木更津の知り合いの農家の方から毎年お餅が送られてくる。
去年まではお餅を覆っているビニールに赤い線が引いてあって
それに沿って切ると81個になる大きな一枚の伸し餅だった。
八十一という数字に何か目出度い謂れがあるのだろうか?

日本晴伸し餅八十一個に切り         いほこ
(2011年)

今年1月4日の初句会の作品。
あらあら、もう一年経ってしまった。

Img_8249
今年の二枚の餅には
「あれれ、切取線がない!

何センチX何センチに切れば丁度いい大きさの切り餅になるのか?
こんなこと考える数学は
結構楽しい。

切り餅はすぐに焼いて甘辛タレにつけ、海苔で捲いて取り敢えずシンプルに頂いた。
伸びやかでやさしい味だ。木更津のTさんに心から感謝。

|

« 白いまま | トップページ | 龍の飛ぶ »