« これ何? | トップページ | 石鹸 »

2011年12月13日 (火)

林檎

Rinngo_2「林檎」と聞いいただけでたちまち
誰でも形と色と香りを想像する。
その林檎をどう表現するかで初めて個性が発生する。
俳句の魅力は素朴な「林檎」が時代や環境、
人となりにより多彩に表現出来ること。
凝縮された17文字は濃密な個性なのだ。


 世界病むを語りつゝ林檎裸となる       中村草田男 

 原爆の街停電の林檎つかむ          金子兜太

 母が割るかすかながらも林檎の音      飯田龍太

 林檎一個手にありこの世に何遺す      寺田京子 

Img_ringonohana_2先日、姫林檎(盆栽)の花が咲いた。
花期は4月なのにせっかちな花。


11月の暖かさに惑わされての狂い咲き?

果たして姫林檎は実るのだろうか?

|

« これ何? | トップページ | 石鹸 »