« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

みな未知

前田半月さんが、札幌から「街」横浜句会へ数年ぶりに
ご出席されたのは今年1月23日。
当日の今井聖主宰の特選句は何と半月さんの一句だった。

 みな未知の霜夜をあゆむ余生なり      前田半月

しみじみと心にしみる一句。
すべてが未知、これから何が起こるか分らない霜夜の道を
あゆむ不安感。それが余生であるという。

しかし、この「みな」をよくよく考えてみると「みんなで」という
意味も含まれるように思う。みんな揃って歩めば恐くない。
この未知には何かいいことがありそう。
「未知」とはプラス思考へ傾く魔法のような言葉だ。

みんなでお喋りしながら霜夜の道をあゆむ余生。
楽しいではないか。霜夜のひんやり感が刺激的でもある。
もしかしたら句会の帰りだったりして。

あの「横浜句会」の日は未だまだお元気で、
皆の前で北海道での句会の近況などを話された。
凛として頑固。だから何かしら近寄り難い風格のある人。
というのが私の印象である。Kikyou72

札幌の俳人、前田半月さんは9月21日、
85歳でご逝去された。「街」は既に数年前に
退会されていた。
ご家族からのご訃報を手にしたのは、
私が福岡へ出かける直前の10月半ばのことだった。(合掌)

|

2011年11月23日 (水)

寄り道   -宮島ー

Img_8080過去、福岡までの往復は飛行機と決めていた。だが今回ふっと新幹線の旅を思い立ち、帰路、一度は行きたかった宮島へ寄ることにした 広島から宮島は近い。

フェリーで「宮島」に着くとすぐに野生の鹿たちに出迎えられる。絶対に餌を与えないという事が徹底しているらしく奈良の鹿のようなおねだりは絶対にしないというお行儀の良さ。その性なのか?どの鹿もスリム。

Img_8098潮は満潮を少し過ぎて、僅かに回廊の床から離れてはいたけれど、海に浮かぶ社殿の趣は十分。

この廻廊を実際に歩き、計算されつくした建築技術の粋をほんのちょっぴりでも垣間見るのが今回の「寄り道」の目的。
自然との一体感、何か物を言いたげな柱の佇まいに1000年の歴史を感じてしまう。・・・やはり来て良かった。


Img_8091
膝を庇って人力車なるものに初めて乗った。
車夫さんは関東からここ宮島へ転勤して来たばかりという。
車夫の転勤族?? その違和感が面白い。


Img_8106
車夫さんは島内を駆け抜け
ここぞという場所でばしっと記念撮影をしてくれる。

それは旧道の急坂に車を止め、五重の塔をバックにばっちりと決めるポイントだった。 

今後、福岡行きは新幹線にしよう。


|

2011年11月14日 (月)

白壁の町

大分県日田市は九州のど真ん中、盆地である。
だから夏は蒸し暑い。テレビのお天気番組などで本日の最高気温は日田36度という文字が出ることも珍しくはない。
そんな暑い夏を経て、もう既に晩秋の
日田を歩いたのは先月23日。

日田は徳川幕府の直轄地だったところ。
天領支配の頃は九州の政治経済の中心地として栄え、裕福な商人が台頭し、九州金融の中心だったそうだ。日田金は諸大名に貸し出されたという。

日田の豆
111022_144602田町白壁造りの家が整然と並び小京都とも言われ、静かな町歩いていると小さな川にひょっこり出合ったりするのも水郷と言われる所以。

軒先で殻付きの小豆を足で踏みながら脱穀している人を見かけた。長閑だなあ。

今回はYの弟夫婦と四人で、時を愛しむようにゆっくりと歩いた。そういえば三年前も同じ四人で歩いたのだった。

           秋深し足あげて虫流れゆき     小檜山繁子

 

|

2011年11月 8日 (火)

港のサンタ

よく澄んで横浜港は一年で一番美しい頃。

目的は大桟橋ホールの「ビーズアートショウ」であった。
普段、ビーズで遊んでいる身としては最前線の材料なども偶には見ておこうと最終日に急に思い立って出かけた。
 

値段的には結構易いし、新しい素材もあって、何より美しいものがこれでもかこれでもかと並んでいるのには時を忘れた。

ビーズという人口的な美のあとの横浜港一望は肺の中まで秋が染込んだ感じ。この時期の行楽の一押しお勧めスポットにしたい。

横浜港クルーズの「ロイヤルウィング」が停泊中で、早くもサンタのお出ましにはびっくりした。
サンタさんも秋を惜しみつつ今年も暮へ突入するのだ。

Img_8133
すっかり忘れていた古い句。
霧の中船は遥かな朝を待つ
             (hoko)

この世に霧なんてあるのか・・・と言いたいほどの晴れっぷりだった。

暖かい秋だ、秋だと思っていたら今日はもう「立冬」です。

|

2011年11月 4日 (金)

家族ぐるみ

福岡の唐人町にある「フォーヴギャラリー」を覗いてみた。
通りを歩いているとき、絵の猫が「おいで、おいで」をしたような気がした。

ギャラリーはMichael LEUの猫の絵が一番のお勧めのようである。
ここのオーナーに貰った絵葉書がとても気に入って、自宅の机に飾って眺めては今夜も唐人町のことを思い出している。
Img_8118_4
この絵のタイトルは
「おさかなとおしゃべり」。
猫とお魚の家族がお喋りをするなんて、
Michael LEUの世界でしかない。
この絵葉書は見ていて飽きない。

数十年ぶりに歩いた福岡唐人町。先月のことだ。
唐人町に唐人ベーカリーと花屋と菓子屋は残っていたものの
昔あった映画館も無いし、鯔の川もない。
代わりに可愛いMichael LEUの猫が居たという訳。

その日は絵を買う代わりにギャラリー前の文具店で
猫の絵のファイルを買って満足したのだった。

|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »