« 星の砂(スターサンド) | トップページ | 『浜北人』         池本光子句集 »

2011年9月 5日 (月)

切手の芭蕉      (11回)

「奥の細道シリーズ」    第10集

*60円切手(2種連刷)2組      「浜の秋」   「蛤」
*切手発行日              平成元年5月12日
*消印                   岐阜県大垣郵便局

**********************************************

「浜の秋」

Img_7864_2Img_7865_2



さびしさやすまにかちたる浜の秋     芭蕉

芭蕉は陰暦8月16日(陽暦9月26日)に、敦賀湾の北西部にある色が浜に遊ぶ。
『源氏物語』以来絶賛される須磨にも勝る色が浜の寂寥感を詠ったもの。


***********************************************************

「蛤」

Img_7866Img_7867



蛤のふたみに別行秋ぞ       芭蕉

蛤の蓋と身が離れにくいように私にとって別れがたい大垣の人々であるがここに別れて私は伊勢の二見が浦を見にゆく。折から季節も秋が行こうとしており、別れの寂しさがいっそう身にしみて感じられる。

芭蕉は陰暦8月20日過ぎに大垣に着き、そこで『おくのほそ道』は終った。
しかし漂泊の人芭蕉はさらに旅を続ける。この句は大垣の人々への別れの句、そして『おくのほそ道』の結びの句。


                    切手発行数  33,000,000枚

 

☆・。・゜*。☆・。・゜*。☆・。・゜*。☆・。・゜*。☆・。・゜*。☆・☆・。・゜*。☆・。・゜*。

― 終りに ―

「切手の芭蕉」「第9集」をマイブログでご案内したのは3月11日だった。
そしてその日の午後「関東東北大地震」が襲った。


行春や鳥啼(なき)魚の目は泪(なみだ)   
あらたふと青葉若葉の日の光
田一枚植て立去る柳かな
野を横に馬牽(ひき)むけよほとヽぎす
世の人の見付ぬ花や軒の栗
早苗とる手もとやむかししのぶ摺
夏草や兵(つはもの)共が夢の跡
あやめ艸(ぐさ)足に結(むすば)ん草鞋(わらぢ)の緒
まゆはきを俤(おもかげ)にして紅粉(べに)の花
閑さや岩にしみ入(いる)蝉(せみ)の声
雲の峯幾つ崩て月の山
さみだれをあつめて早し最上川
象潟や雨に西施(せいし)がねぶの花
荒海や佐渡によこたう天河(あまのがは)
わせの香や分入(わけいる)右は有磯海(ありそうみ)

あかあかと日は難面(つれなく)も秋の風
石山の石より白し秋の風
月清し遊行(ゆぎやう)のもてる砂の上
さびしさやすまにかちたる浜の秋
蛤(はまぐり)のふたみに別(わかれ)行(ゆく)秋ぞ

芭蕉の歩いた道はどんな形で残っているのだろう。
震災の復興は未だ始まったばかりである。  (終)

|

« 星の砂(スターサンド) | トップページ | 『浜北人』         池本光子句集 »