« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月27日 (水)

パソコン虫

Yがパソコンに向かうのは「碁」と「将棋」の時。
3時間でも4時間でもやり続けることは珍しくない。
パソコンは家に一台だったのでYが使うときは私は使えない。
その方がお互いにパソコン虫にもならずちょうどいいかな?と思っていた。

ところがである。数日前に初めてノートパソコンなるものを購入してしまった。やはり予想は的中した。
夜になると別々の部屋に籠って二人とも静かにパソコン虫になっている。

横に長い新しいノートパソコンは
デジタルテレビを購入した時の感じに似ている。
色合いも少し違って、新鮮。
俳句仲間のブログやH・Pも又一段ときれい! Img_40611_2

だけど使い慣れたパソコンを前にすると何故かほっとするのも確か。目も疲れない。
複雑なノートパソコン入門??

ホームページのデーターを新パソコンに移す作業が一番大変だった。
プロバイダーの電話の声を頼りに昨日やっと何とか・・・。

  パソコンに失ふ一章青葉木菟        いほこ(2005年)

まだ正常機能するにはしばらくかかるかも知れません。
H・Pの画像が変になったりしている処があるかも知れません。
その節はどうぞお許しください。

|

2011年7月21日 (木)

最高!

「最高の相撲人生。悔いも後悔も一切ない」
素敵な言葉と笑顔を残し、大関「魁皇」さんが昨日引退した。

Img_7647
バブル華やかなりし頃、大相撲を家族でたびたび観に行った。
勿論招待券を戴いてのこと。

思い出の涼しげな小鉢は千代の富士の名入り。
千代の富士さんを追越して最多1046勝を挙げた魁皇さんはすごい。

でもあの頃の千代の富士さんも凄かったな~
Img_7649 

|

2011年7月18日 (月)

祝優勝!なでしこジャパン

優勝、おめでとう!なでしこジャパン。

今朝、5時に起きた。110522_153601_5
試合の一番いいところを最後までたっぷり見届けた。

ビューティフルなでしこ!
今日の夕刊楽しみだなあ。
なでしこ関係は隅から隅まで読み尽くすぞ。

だってこのところいいニュースなかったからね。

「撫子」は秋の七草の一つ。
可憐、可愛い、素朴、
そっと抱きしめたい!

そんな撫子に今日より「団結」、「勝利」のイメージが加わった。

               (写真は福岡植物園にて)

|

2011年7月12日 (火)

日差しが強くなる午後2時頃になると
ベランダ一面に四
枚の簾を下ろす。
これでぐっと涼しくなり「和」の空間が出来る。
今年の暑さはこれで乗り切ろう。
いえいえ、うちは毎年これで乗り切っておりまする。

吾が家のは青くないけど「青簾」って清涼感あるな~
「玉簾」「葭簾」「絵簾」等、簾にも色々。

Img_7642_2   

    晩年の月日聳える青簾         桂信子

   紺暗く夜空は簾ふちどりぬ       石田波郷

「簾」は地味な素材で詩の引き立て役のような存在である。
「晩年の月日聳える」ってまるでうちの「簾」のよう??

「夜空は簾ふちどりぬ」そんな時間が確かにある。
簾を巻くのをうっかりしているとぐんぐん夜空に囲まれてしまう。
ひんやりした夜の「簾」ってたまにはいいものだ。

|

2011年7月 7日 (木)

七夕

七夕の涼しい夜。110615_124601

笹が揺れる。
人それぞれのロマンの中に。
悲しみの中に。
或いは水槽の底にも笹が揺れる。

七夕竹惜命の文字隠れなし  石田波郷

 

|

2011年7月 5日 (火)

煮物

私はほんとうに煮物をよく作る。
一度作ると残るから翌日も暖めて食べることになる。
それでも残ると一日おいて又食べる。
もう当分煮物はよそうなんて思っても一週間もしない内に又作ってしまう。

Img_1727
煮物はやっぱり里芋がいいな。
夏場は泥付き里芋を売っていないから、味が少し落ちるけど「冷凍里芋」を使う。

今日の材料は里芋、人参、牛蒡、椎茸。蓮根が入っていないのが淋しいな。蒟蒻だって入っていない。
いいのだ。冷蔵庫にあるもので。

絹さやでトップを飾った。
もう少し丁寧に上品に飾ればいいのにいつも私は最後の詰めが甘い。

「泥付き里芋」や~い、はやく出て来~い!

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »