« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月 9日 (月)

遠くの国

花水木の季節が過ぎ、遠くの国のImg_7613
王子様の結婚式に見とれている内に
新緑の季節になりました。
(画像はフジテレビより)

マイブログをご覧下さっている皆様、
明日からしばらく
留守を致しますので
月末までブログをお休みさせて
いただきます。

又、お会いできますよう・・・。

Img_7564_3

 
鳩を見てをれば妻来て花水木 
    
                 石田波郷

|

2011年5月 5日 (木)

菖蒲湯

Img_7570 今日は「子供の日」
午前10時。はるか下のグラウンドから太鼓が鳴り響いて楽しそうな音楽が聞こえて來る。子供の日は大人も楽しい! 

という訳で今日は「菖蒲湯」の日。菖蒲一束、
売り切れない内に昨日のうちに買っておいた。さて、これから湯を入れるとしましょう。

「菖蒲」に因んだ句、三つ探した。どれも魅力的!

   昼ながら天の闇なり菖蒲園         山口誓子

   てぬぐひの如く大きく花菖蒲         岸本尚毅

   幸ながら青年の尻菖蒲湯に         秋元不死男

|

2011年5月 2日 (月)

芝桜

ジョージ・ハーバート・リー・マロリーが「あなたは何故エベレストを目指すのか」と問われて「そこに山があるから」と答えたという逸話は有名である。
本当にマロリーがこのようなことを言ったのか?・・・についてはほんとのところははっきりとしないらしい。でもそんなことはどうでもいい。誰が言ったにしてもこんなに分りやすい諺になってしまったのだから。


絶対に登ろうとは思わない山。
この春ぽっかりと現れたこの人工の山には驚いてしまった。
近所の銀行前の芝桜の山。
分ったことは芝桜って絶対遠景が似合うってこと。
ほらほら、ずーっと遠くの方はビロードのように見えるでしょ。
Img_7538_4  

       どの道を往きても墓へ芝桜      福田甲子雄 

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »