« *印 | トップページ | 句集『日月抄』 (じつげつしょう)    前田半月 »

2011年1月16日 (日)

大寒

いよいよ大寒に突入する。
「今朝は今年一番の冷え込みが記録された」と気象庁から発表される日がどんどん増えてゆく。
大寒という冷たい空気の中に人の死も音楽も故郷もひしひしと迫ってくる。「大寒」の季語には惹かれる句が多い。

      大寒の埃のごとく人死ぬる       高浜虚子
      大寒やなだれて胸にひびく曲     石田波郷
      大寒の一戸もかくれなき故郷     飯田龍太
      大寒の星ことごとく眼持つ       奥阪まや
      大寒や楽器のごときあばら骨     仙田洋子

Img_1697 Img_1699







刻々変わる火のような夕空は実は冷たい。

|

« *印 | トップページ | 句集『日月抄』 (じつげつしょう)    前田半月 »