« 賀状書く | トップページ | 切手の芭蕉   (6回) »

2010年12月14日 (火)

好き?嫌い?

俳句にいつも熱い・・・ということが俳人の第一条件であると思う私はそういう意味では俳人としては劣等生。周りの俳人が皆優等生に見えてしまう。

私の場合、ある時はこよなく俳句を愛するが、ある時はとても冷めている。俳句から離れたり又近づいたりまるでブーメランのように気持が動く。

今日も玉葱の皮を剥きながら「俳句、好き?嫌い?好き、嫌い、好き・・・・・」ああ、やっぱり好きで良かった。なあんて・・・こんなのやっぱりスランプ?

Plant013 今日の私の好きな句。
     「街86号」
 今井 聖撰  
          原田 喬 50句の中より


      フォッサ・マグナの南端を秋の蛇    

      一月の海まつさをに陸に着く

      年の中にわれあり曼珠沙華

      鰯雲レーニンの国なくなりぬ

      ふと死んでとはに死んだる春の星

俳句ってその日によって惹かれる句が変わる。今日は空間という無限大が存在する句に魅力を感じてしまった。こんな句を読んだ日は限りなく俳句が好きになる。
Img_7235_2     


                       
                                                                           
                                 (12月。ある朝の富士。)

|

« 賀状書く | トップページ | 切手の芭蕉   (6回) »