« 秋になると | トップページ | 久しぶり »

2010年9月23日 (木)

浅草

句会の帰り道浅草の仲見世通りを歩いた。

浅草観音は女性の神様故、何故か親しみがある。
私にとって浅草はお参りするときは新年の朝というのが通例で、普段の日の夕刻お参りしたのは初めてだった。線香の匂いはいつ来ても甘くやるせない。それにしても4~5年振りかも知れない。

Img_1663_2  Img_1674
仲見世もアーケード通りもきらきら輝いている。
夕方の中途半端な時間とは言え素通りするにはあまりに勿体無く、つい買ってしまったのは五組セットの竹の箸と人形焼き。箸は息子の家族が今度来たときに使い初めをしよう。五組共模様が違う。

ついでに、ある情報によると世界の約3割の人が箸で、4割が手で、残り3割がナイフ・フォーク・スプーンで食事をしているそうだ。
日本人はつくづく箸で良かったと思う。新米はやはりお箸でなくっちゃ。

    浅草や冬霧胸にあふれくる         石田波郷

    浅草の初冬ひからぬものは見ず      寺田京子  

|

« 秋になると | トップページ | 久しぶり »