« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月28日 (土)

翡翠池

    この夏はウォーキングをしなかったたから翡翠に一度も逢っ      ていない。
    夏の間池の畔にはほとんど花も咲かない。淋しい限りだ。
    暦だけは先へ先へと秋を急ぐのにまだどこもかしこもただ暑      い。
           ここに
翡翠さえ居れば波郷の句、
           そのままの景といってもいい。
           翡翠のいない翡翠池はただ閑か。      

Img_6948
         翡翠や露の青空映りそむ        石田波郷
         翡翠の飛ばねばものに執しをり    橋本多佳子
         父の恋翡翠飛んで母の恋        仙田洋子

|

2010年8月18日 (水)

脳年齢

最近の電子辞書は辞書以外の機能を色々備えていて楽しめる。
「脳年齢測定」機能もその一つ。

最初に挑戦したときの脳年齢はな、なんと80歳とはショック!

先ず「計算トレーニング25問」これは2回目以降は必ずといってもいいほど満点を獲得できる
だが「単語記憶テスト」の方は絶対満点なんて無理なのだ。
15個並べられた単語を1分間眺めたあと、覚えている単語を1分の間に書き出すというもの。私これ弱いみたい。弱いのではない。脳年齢がそうなのだ??

でもこれ毎日訓練すれば多少記憶力はアップするようだ。
まだ4回しかテストをやっていないけれど、1回目より2回目、2回目より3回目と、記憶する単語が一つづつ増えた。でも3回目以降は増えない??どうも記憶の限界にぶつかったみたい。
脳年齢が80歳から60歳にはなったけどこれ以上若くなるには記憶力アップのこつをつかまなくては・・・。
な~んて、こんなことふにゃふにゃやっているときはこの暑さも忘れてしまっている。

それにしてもクーラー48時間以上つけっぱなしなんて、今年初めて経験しました。今夜も又。Img_6836_2         
7/16「トゥインクル競馬」で見た「トゥインクルレース」の
                 涼しい画面をつい思い出します。

|

2010年8月12日 (木)

朝焼け

私の部屋からの朝焼け風景。時刻は4時55分。
富士の見える夕景とは反対の方角だから景色が全然違う。
未だ闇が緑をすっぽり覆い隠して、まるで大都会の夜明けのようだ。
 
こんなに早い目覚めは滅多にない。それにこんなに早くカーテンを開けることもない。それだけに特別新鮮な夜明けだった。

Img_1654_4 朝焼けの日はあまり天気はよくない・・・と昔からいわれている。
果してこの日は?
記憶を手繰り寄せてみる。
8月8日、句会の間、午後1時から5時までビルの一室に籠っていたはず。外の景色が視野にあっても気にしない。でも確かこの日横浜に雨は降らなかった。しかし日傘を使わず仕舞だったので快晴ではなかったはず。
やらやれ、たった四日前のことを断片的に思い出すことが出来て何とかアリバイが成立しそう。

|

2010年8月 9日 (月)

終戦日

いつの間にか立秋を迎えている。そしてまもなく終戦の日(8月15日)。

   ぞくぞくとメール来終戦日未明    いほこ(2003年)

   観覧車上昇終戦日の正午       〃  (2004年)

   首濡らす洗車の飛沫終戦日      〃  (2005年)

   図書室は老人ばかり終戦日      〃  (2010年)

図書室の句は昨日の研究句会での句。
日頃の生活の中で、8月の終戦日に繋がる自分なりの思いにぶつかるとき何とか俳句になってゆく。
でも俳句を作ってゆくのは綱渡りのように危うく頼りない作業だ。
何とか出来た句が読み手にどう伝わるかがまるで掴めないのだから。
Img_6781_4                  

|

2010年8月 2日 (月)

日田祇園祭

大分県日田市の祇園祭も中々勇壮に華麗に行われる。
(今年は7/24~25)
400年前からの厄除け神事で京都の祇園祭を
手本にしているといわれる。
博多祇園山笠と同じ人形山。
今年はYが丁度帰省しているときが祭だったので
撮ってきた写真を失敬した。
Img_6856
Img_6859_2 Img_6940_2 Img_6920_2 日田を流れる三隈川。
昔々、三隈川の屋形船に乗り移るとき、私は川に落っこちたという武勇伝を持っている。何であのような事態になったのか前後のことは何も覚えていない。
只、船頭さんが親方に怒られていたことが何だか気の毒に思えて仕方がなかった。
勿論私は水も滴るいい女?だったはず。
嗚呼恥ずかしい!なつかしい!(内緒、内緒)

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »