« 薔薇 | トップページ | ラムネの味 »

2010年7月22日 (木)

七夕

京急「立会川」駅から大井競馬場へ行く途中、小さな商店街を抜けて行く。 
Img_6827_47月16日夕暮。
競馬場へ行くのにこの商店街を敢えて歩いて行くのはさすが俳人たちである。

ということは、俳人のナイト吟行の目的地は競馬場ってこと?
何だか楽しそうだけど、大井競馬場の「トゥインクル競馬」のことはご想像にお任せするとして、この商店街の七夕飾りは笹が乾びてサワサワと音を立て何とも言えない風情がある。
7月も半ばになると何だか去年の七夕を見ているようで、この懐かしさがとても心地良い。

   七夕や髪ぬれしまま人に逢ふ       橋本多佳子

   七夕や男の髪も漆黒に           中村草田男   
Img_6826_2

草田男の句。普通漆黒の髪とは女の髪のことをいう。「男の髪も」・・は、女の髪も男の髪も漆黒ということの省略の「も」である。たった一文字の「も」の凄さを思う。
七夕を背景にした髪の毛は何故かエロティック。

|

« 薔薇 | トップページ | ラムネの味 »