« 熟れトマト | トップページ | 七夕 »

2010年7月18日 (日)

薔薇

「薔薇二曲」         北原白秋

      
  
 
バラ
 薔薇ノ木ニ
 
 薔薇ノ花サク。
 
 
 ナニゴトノ不思議ナケレド。


Img_0310_2     
      二

 
 薔薇ノ花。
 
 ナニゴトノ不思議ナケレド。

 
    
キハ
 照リ極マレバ木ヨリコボルル。
 
 光リコボルル。



読めばよむほど心の洗われる不思議な詩。
句点(。)にどんな効果があるのだろう。
つい何度も何度も読み返してしまう。そして大らかな薔薇の存在がいつの間にか読者の心を覆ってしまう。
姦通罪で告訴され、その後結婚した俊子の結核療養のために父島に移り住んだときの作品。私生活を微塵も感じさせない穏やかな詩。薔薇も人も何があろうとこの詩のように悠然としていればいいのだ。

白秋は福岡県柳川の出身である。伝修館中学(現在の県立伝修館高等学校)では数学だけが大の苦手で落第したという。天は二物を与えない。代わりにこんなにすごい詩人の魂を授けてくれる。

柳川は私の母の故郷。私は母の実家の従兄弟たちと蜻蛉捕り、蛍狩り、鮒釣りをした。
現在ではすっかり観光化している川下りの川に、昔は葦がたくさん生えて蛍が飛んでいた。私の知っているあの蛍の川よりももっともっと昔の美しい川を白秋は知っている。

|

« 熟れトマト | トップページ | 七夕 »