« 梅雨夕焼 | トップページ | 夜の初蝉 »

2010年6月29日 (火)

音楽のように

半額のキャンペーン広告を貰って珍しく別の美容院へ行く気になった。

それは広々として超ゴージャスな美容院だった。カットにも「普通」「少し上」「最上級」とランクがあり、選べるシステムだ。勿論「普通」以外は別料金。私は迷わず普通ランクにした。普通ランクで下手なカットだったらもうプロではない。こちらから願い下げだ・・・と思った。

セレブ室という特別室があって、ここでやってもらうには勿論又、別料金。どこまでも女心をくすぐるメニューになっている。

今日カットしてくれたモンキーパンツの男性は音楽のようによく喋った。そして、こちらのほぼ注文どおり、最初にしては
「ま、いいか!」という出来上がり。もしかして上のランクのカットだったら、その出来映えにすご~く感激したのかしら。これは永遠の謎?

店の雰囲気も、くすぐる応対も魅力的で、結局又予約してしまった。
何しろ一ヶ月先の予約をすれば又半額でやってくれるのです。
美容院経営も大変だなぁ・・・が実感でした。

Img_6753_4                   梅雨の「立葵」がきれい!

|

« 梅雨夕焼 | トップページ | 夜の初蝉 »