« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月28日 (木)

句集 『アングル』

小久保佳世子さんの句集『アングル』は過去に読んだ他の句集とどこかが違う。
故に少し鑑賞めいたことを書きたくなった。

作者は俳句を作るということに対してまったく気負いがない。
このあたり俳句に向かう作者の姿勢に、余裕みたいなものさえ感じてしまう。

Img_6190_4 それは、日頃から作者が言っている「誉められたくて俳句を作るのではない」という自然体に合致する。

作者は我々がうすうす思っていても中々表現出来ないことをずばりと表現してしまう。
俳句よりも詩により近いのかなぁ。でもいくつかの句を除きほとんどが定型。ごつごつしている訳でもない。やはり表現方法が新しいのだ。

  手遅れのやうなる街や春マスク      
決して派手な言葉は使わない。「春マスク」の下の呟きともとれる「手遅れのやうなる街」。

  点滅の蛍や地球の持ち時間
「地球の持ち時間」とはアクション映画でもテレビドラマでもなく、真実の地球の姿。
故に怖い。「点滅の蛍」が不安を煽る。心憎い季語の設定。  Img_6197_5


   白シャツからアフリカの腕伸びてをり
   春眠とも違ひベンチに垂れてをり
   一万歩来てぼろぼろのチューリップ
   地下溽暑沈殿物となりて人
   黒蟻の集つてきて鬱の字に
   水族館暗し冬眠したくなる
   くすぐつたくなつてそろそろ桜の芽
   月揺れて川揺れて人踊るなり

怖いような呟きは句集の始めから終りまで小波のように寄せては返す。
でも決して暗くはない。何故なら句集の表紙は鮮やかなブルーの中に考える人と猫。
表紙の澄んだブルーが脳裡に煌き続ける中を、
「街」今井主宰の言われる「絶望」から「再生の志」へと必ず辿り着くのである。

佳世子さんの「再生の志」の果なるものは何なのか。
それは誰にも分らない。佳世子さんにさえも。
今後発表される句がますます楽しみ。

素晴らしい句集『アングル』は上梓されたばかり。佳世子さん、おめでとうございます。

|

2010年1月26日 (火)

水仙

水仙の匂いはかなり強い。花の周りに固まって匂うような感じで
少しでも水仙から離れると匂いはさっと消える。
強いけれど追いかけてくるほどのしつこさは無い。とてもいい匂い。
Img_6184_4 Img_6171_3









  正月の花の次に水仙の束を買った。
その匂いに刺激されて一句作ったけれど、句会では敢え無く没。残念!

壷の水仙も俳句も私から過ぎ去って、今は玄関に水彩画を架けている。
この絵、福岡の姉が描いた昔の絵だ。さらっと爽やかに描けているのが好きで、
吾が家に来て10年以上にもなる。

ブログに出したことを知ったら姉はきっと恥ずかしがることだろう。内緒、内緒!
贅沢に子規さんの句を添えてあげよう。

       そのにほひ桃より白し水仙花      正岡子規

|

2010年1月22日 (金)

古地図手に

タモリさんてあのタモリさん?
Img_6137 昼間のバラエティー番組のイメージが強くてあまり好きにはなれなかったけど、今、「ブラタモリ」が面白くて見ている。

タモリさんが古地図や古い石垣が大好きで、昔、ラジオの組み立てに夢中になったことなどを聞くと何やら親しみが湧いてくる。
Img_6162_3Img_6148_3





タモリさんは古地図を手に、ある日、ある街にひょっこり出没する。そして視聴者は古地図と現在地とのギャップに驚くのである。
昨日は浅草だった。
浅草寺本坊「伝法院」の庭を散策。
住職の話によると3年前、池の掃除をしたら磯の香りがしてざくざくと貝殻が出てきたという。調べた結果、4300年前の貝だと分って、タモリさんも貝を手にとって感激。

あの街この町、石垣に坂道に池に海にと今昔入り乱れて番組が進む。
俳人仲間も見ている人が結構いるらしい。来週は「神田」に出没予定。
(画像は「ブラタモリ」より)

   短日のクレバス蒼き太古あり         依田明倫
   

|

2010年1月17日 (日)

世田谷ボロ市

「世田谷のボロ市」は毎年12月15・16日、1月15・16日と開催日が決まっている。
初めて来てはみたけれどこれはすごい人出だ。
Img_6086   
テレビでも見たボロ市の神輿。
「ああ!これこれ。160万円だ」実際の値段はどのくらいなのだろう。格安になっていることだけは確か。
「きれいな臼。これはもう芸術だ」
それにしても品物のバラエティーに富んでいること。

Img_6096_6 Img_6091_3世田谷線の「上町」から「世田谷」までのボロ市通りに、
現代いや、もっと昔からの生活の縮図のごとき品物が埋め尽くされている。Img_6129

ついつい色々買ってしまうのがボロ市の魅力。ああ、手提げを持ってくればよかった。結局私は手作りの手提げも買ってしまった。
エプロンがいくつも縫えそうなインド綿の生地も買った。
葡萄色に黒い象がたくさんプリントされている。これで数日間はうきうき気分だ。
買ったまま、何年間も押入れに在庫のまま、ということになる前に早く縫ってしまわなくては。

          ぼろ市に新しきもの夜の霜        西東三鬼


|

2010年1月15日 (金)

左義長

「どんど焼き」は
『徒然草』にもすでに書いてあるということで、Img_6075_3
鎌倉時代からこの慣わしはあったらしい。

俳句仲間のyumiさんのブログでも凄まじい炎の「どんど焼き」を拝見した。
吾が村?も毎年この儀式を行っている。

大きな炎は巨大仏像のようにも見える。
人それぞれが心に念ずる形に燃え上がるのかも知れない。Img_6077_4

「左義長」は「どんど焼き」のことだということを知ったのは、俳句を作るようになってからのことでした。

|

2010年1月12日 (火)

乗馬クラブ   (4)

 -影絵のようなー

大きな桶いっぱいの乾いてキラキラ輝く馬糞はインパクトあった。
馬糞は係り員の掬うシャベルから埃になって
私の方へ飛んでくる。
何だか咳をしそうになる。クワバラ、クワバラ!急いで厩舎をあとにする。

最後に、掛け声が聞こえてくる
隣の屋内馬場を覗く。
Img_5941_2 乗馬クラブの生徒さんたちだろうか。
7~8頭の馬にそれぞれ跨って円になって駆けている。勇ましいなぁ。

馬が次々に駆けて来ては消え、そして又駆けてくる。
まるでそれは影絵のようだ。しばらくぼーっと見ている。
静かになった・・・と思ったら馬はしずしずと歩行に入っていた。

この乗馬クラブ、これからも時々来よう。「ゆきげ」ちゃんにも逢いたいし。    (終)

|

2010年1月10日 (日)

乗馬クラブ   (3) 

 ― 噛み付く馬 ー

馬場を見たあと、馬の匂いがむんむんする厩舎に入る。
ここには約60頭の馬がいるとのこと。
Img_5946_4 Img_5943_6
馬へ近づくと無表情ではあるけど顔を近づけてくる。
女性の騎手らしき人に
「時々噛み付く馬がいるからあまりそばへは近づかないで下さいネ」と注意を受けた。
「ええっ!」・・・馬だってそりゃーストレスあるよね。気持ち分る、分る。

バブル華やかなりし頃、又聞きではあるけれど、
40代のキャリアウーマンが馬を飼っている話を聞いたことがある。
「すごいね!馬を飼えるなんて・・・」と憧れの気持ちもあって興味深かった。
Img_5944「でも老馬なんだって~。そりゃそうよ。若い馬は値段も高いしね。
でも土日ごとに厩舎に通って、面倒見て、乗馬を楽しんでいるみたいだよ」

「へえ~。でも老馬でもいいな。・・・老馬ならよけいに可愛いかもね~」


この話をしたのはもう十数年も前のこと。
今も老馬は元気かしら?
キャリアウーマンは今もせっせと厩舎へ通っているのかしら。



|

2010年1月 8日 (金)

乗馬クラブ   (2)

  ― 前髪 かかる―

馬場へ出た馬は騎手と共にしばらくしずしずと歩む。
いきなり飛び乗って荒野を走るのは西部劇の話。
数分歩いてそれから騎手が乗馬しての歩行だ。Img_5927
 
騎手の姿勢がいいなぁ。
やはりしずしずという感じだ。
馬場を何周かしてそれから徐々にギャロップに入る。何て華麗な光景だろう。

時間差で次々に馬が登場する。
私は白と黒の模様が鮮やかな「雪解」のような馬が一番気にいった。
未だ子供っぽくて身体も一回り小さい。鬣が歯ブラシのように短くカットされてすごくかわいい。勝手に私は名をつける。
Img_5937「雪解」(ゆきげ)ちゃん、ときどき来るからよろしくね!

馬場の横に大きな移動用のバスがある。あのバスでどんなところへ行くのだろう。今度聞いて見なくちゃ。
Img_5928

馬の眸(め)に前髪かかる朝曇                       正木ゆう子

馬って静かで知的なんだ。
「馬の眸(め)に前髪かかる」なんて言われると、前髪の垂れた顔が「龍之介」や「太宰」のように知的に見えてくる。少し大袈裟かな?

|

2010年1月 6日 (水)

乗馬クラブ   (1)

一度覗いて見たかった馬場。所謂、乗馬クラブである。
うちから徒歩20分くらいのウォーキングに丁度いい距離にある。
Img_5949_4 Img_5924_3

こんなに近かったらもっと早くに来るべきだった。
見学自由。馬と共に一日の大半を仕事としている人たちは
きびきびとして馬にも人にも優しく礼儀正しい。
特に身体にフィットした乗馬服はかっこいい。

馬の匂いがづんづん強くなるたびに久しぶりに私をわくわくさせる。
こんなときふっと俳句が浮かびくるのは当然のこと。

  馬の頭に起こされてゐる雪の中        今井 聖 (2009年)
  残雪を踏み台にして馬撫づる           〃    (  〃   )
  母馬の調教の日の仔馬かな            〃    (  〃  )

動物の句は動物に対しての限り無い愛を、
心底内に秘めている人の句には敵わない、という思いが私にはある。
さあ、今日は句が出来るだろうか。
最初からびびってはいけない、いけない。

|

2010年1月 1日 (金)

新年

Img_6017_3   

Img_6012_2

 
 




    本年もどうぞよろしくお願い致します。

ボク、時々カワセミ池を凌駕している「青鷺」で~す。ヨロシク!
    (撮影 12/29/2009)

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »