« 腰越 | トップページ | 百合の蕊 »

2009年7月30日 (木)

水泳教室

   泳ぎより歩行に移るその境     山口誓子

人が生きてゆくということは瞬間しゅんかんの動作の積み重ねである。
ほとんどはその動作なんて気にしていない。すぐ忘れて次々動作を繋げて
生きている。そんな見逃してしまいそうな「泳ぎより歩行に移るその境」なのだ。
珠玉のような「泳ぎ」と「歩行」の間に生まれる境。

    
∵。☆。∵。☆。∵。☆。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。 ☆。∵


夏休みに入るといきなりユキが吾が家にやってきた。

うちから徒歩4分、カワセミ池の畔にスポーツクラブがある。
そのクラブのキッズ短期水泳講習に参加するのが夏休みの大きな目的。
4日間で泳ぎの初歩をマスターしようというものだ。
勿論、ユキは未だカナズチだった。

Img_5381   生徒5名に一人の先生がつき、徹底したマンツーマンで泳ぎの指導をする。
プロの指導を私も四日間見学することが出来た。

その道のプロとは何と奥深いものか。やさしく楽しく基本に忠実に根気よく指導してゆく。だから泳ぎの形が美しい。

そういえば昔、吾が息子も二年間水泳教室に通ったっけ。だから泳ぐフォームだけはきれいなのだ。・・・と遅まきながら一応ここで納得。

素晴らしい!泳げなかったユキが三日目には曲りなりにもクロールらしき
形になって泳げるようになったのである。フォームはきれい!

ユキは三日目にして魚に変身し、10才の誕生日を迎えた。
メデタシ!メデタシ!

私は滅法忙しかった~  今日は拙い吾がブログ「夜空へ」が滅茶苦茶なつかしかった!

|

« 腰越 | トップページ | 百合の蕊 »