« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月26日 (金)

ヒメジ

Img_5302 この魚、正式の名は「ヒメジ」。
15センチ位の干物です。

富山の方では「オキノジョロウ」とか「オキノコジョロウ」とも呼ぶらしい。この名、どんな意味を持つのだろう。
ジョロウとは女郎のこと?女郎にも色々な意味があるけれど、遊女のことかな?

とすれば、何とも胸に迫る名ではないか。この妖しくも可憐な魚に、このような叙情的な名前をつければ、物語の一つや二つは浮んできそうな気がする。(小説家であればの話・・・。)

新潟の方では「オキノジョウ」とも呼ぶらしい。
これはどんな字なのだろう。「沖の丞」「沖の嬢」「沖のジョー」?

私だったらどんな名前をつけようか。
「オキノヒミコ」とか「オキノメガミ」とか・・・? 嗚呼、ダメだなぁ。
Img_5301

やはり哀切に満ちた「オキノコジョロウ」に勝る名はないようだ。

いけない、忘れてた! 実はこの魚には黄色い顎髭が2本あったんだ。
湘南地方では「ヒゲのおじさん」
とも呼ぶそうな(笑)

この干物、福岡から送られてきた玄界灘産です。

 

|

2009年6月23日 (火)

紫陽花

Img_5274_3


ご近所から紫陽花、額紫陽花が届いた。
部屋の中がいきなり森と化す。
それも滅法明るい森。

 

 みごもりの腹紫陽花の幾つ分     仙田洋子

みごもりの腹から紫陽花を想像する色彩感。「幾つ分?」なんて言われると、ふと三つ子を想像したりしてしまう。でも本当のところ、大きなお腹は紫陽花の幾つ分だろう。楽しい想像を掻きたてる。

紫陽花のように赤ん坊はお腹に丸まっている。
そして生まれた赤ん坊は紫陽花のように自分色に染まってゆく。雨が降っても逞しく美しく。

|

2009年6月22日 (月)

カトレア

もう十年近く前のことになるけれど私は一度だけ入院したことがある。
命にかかわるような大それた手術ではなかったけれど、それでも子宮一対のうち、
一つだけは取られてしまった。良性の卵巣嚢腫だった。
お見舞いに貰った花篭の中に淡い紫のカトレアが混じっていた。

  カトレアや彼の世の目覚めかも知れぬ     いほこ(2000年)

手術あと、夢と現実とのあわいをうつらうつらと
行ったり来たりしているときImg_5262
枕辺にいつもカトレアがあった。
普段、自分のために買うなんてことは考えられないカトレア。

カトレアは数千種類もあって、四季それぞれに咲くものがあるようだ。
季語では「冬」とされている。

数日前、出来心で買ってしまったカトレアの鉢。古い句を思い出してしまった。
(これ、すっごく安かったんです!)
来年も咲くかしら??

|

2009年6月19日 (金)

メロン=

 たしかなにか忘れてゐるに胡瓜咲く   上田五千石

毎日水遣りをして大切に育てていたはずのメロンから異なものが生ってきた。
なんじゃ!これは胡瓜ではないか。こんなことって??あるんです。
Img_5219
誰の性でもありゃしない。胡瓜に罪はない。
行きつけの店に行って「メロンじゃなかったよ~ メロンの苗から胡瓜が生えてきたんじゃ。」
苗を買った犯人は事情説明した。

苗を売った犯人は「どうもすいませ~ん。このバジル差上げますんで・・・
すいませ~ん。毎度ど~もありがとうございま~す」ということで一件落着したそうな。

メロン=胡瓜+バジルという数式があることを始めて知った。Img_5250
今、すくすく育っている胡瓜とバジル。

男は夢のようなメロンを育てたがる。
女は現実的。内心「胡瓜でよかったわ♪うふふ」
胡瓜の方がりっぱに育つ確立が高い!
その上バジルのオマケ付き♪

|

2009年6月18日 (木)

光りもの

入眠剤を飲まなくなって二週間が過ぎる。
分かったことは薬を飲まなくても私の寝つきはそう悪くないということ。
但し、夜中の2時か3時頃目が覚めてそれからが問題。
すぐに又眠れることもあるがしばらく眠れずに明け方に眠ったり・・・と、中々5~6時間を通しでぐっすりという訳には行かない。

朝日新聞に出ていた副作用があるというのは、入眠剤ではなく、よくよく記事を見れば睡眠剤による副作用であった。私も相当睡眠に対しては過敏になっているらしくて早とちりをしてしまった。

でもあの記事がきっかけで現在入眠剤から離れていることは確か。
実際入眠剤は少量であれば、ほとんど副作用が無いことが正しいようだ。
入眠剤を使わないで不眠のストレスが溜るようであれば、
飲んで安らかな眠りを得た方がいいようだ。
という訳で、いつでも入眠剤を飲んでいいのだ・・・と思うと、気持がとても楽。

もうしばらく飲まないで頑張ってみようか。
安らかな眠りを得るために、夜遅くまでの所謂、「光りもの」のパソコンやテレビから離れて、さて、何をしたらいいのか??
  Img_5184_2

Img_5248_3
今日の収穫「草苺」。

|

2009年6月13日 (土)

猟りの舞

16時頃ウォーキングをすると必ずと言っていいほどカワセミに逢える。
すごいことに昨日は三羽いた。五羽いるという噂はまんざら嘘ではなさそう。
Img_52001
「もう今日は逢えないな」と思った途端カワセミたちはやって来た。

二羽のカワセミは池面を大きく左右へ飛び交い、それは「猟りの舞」と言いたくなるほど、厳かに喜びに溢れた舞だった。そして枝に止まる。
一羽は少し距離をおいている。

Img_51931
 翡翠の同じ木同じ時刻かな (hoko)
番?恋人?兄弟? 
二羽と言っても少し離れて枝に止まっているから、番や恋人とも違うのかな???
う~ん!でもやっぱり番の雰囲気♪

感動に手が震えて、ピントがずれてしまった~。残念!

|

2009年6月11日 (木)

サッカー音痴

昨日、新横浜にある「横浜・日産スタジアム」のそばを通りかかった。
坂を上って入口まで行くことはしないけどImg_5181_2
何となくサッカーの雰囲気は伝わってくる。
今は未だ戦い前の閑けさといったところ。

昨日はカタール戦だったからその試合の始まる7時間位前のことになる。
もう数時間もするとこの坂はスタジアムへ向かうサッカーフアンで埋まるのだろう。
Img_5183_4 スタジアム通りの店にサッカーボールとメダルを飾った店があるが、私はサッカー音痴なのでそれがどういう意味のものなのかさっぱり分からない。

カタール戦は1対1の引分けに終った。
ガンバレ!ガンバレ!ニッポンチーム!
サッカー音痴ではあるけれど応援だけはするに決ってる。

|

2009年6月 9日 (火)

不眠症

入眠剤をもう4~5年は飲み続けていた。一日2錠までは問題ないでしょうと内科の先生に言われたこともあり、私は1錠ですむのでずるずるとお世話になってきた。
1錠飲めばことんと眠れる薬は魅力的。

ところが、先日の朝日新聞によると、やはり、副作用があることをはっきりと書いてあった。所謂、物忘れ等に関わってくることもあるらしい。

これは大変だ。やっぱりネ。
やはり薬は止めよう。これから頑張ってみよう。薬を断って、今日で5日目だ。

案の定、初日は一睡もしなかった。
その後睡眠は3~5時間の夜が続いている。Img_5173_4
あと2時間、いや1時間眠りたい。

果たして今夜は眠れる?眠れない?
やっぱり眠れない・・・?あ~あ!

立葵はスックと立って花はいつも眠たげでやさしい。
もしかして立ち眠りしているのかな。

|

2009年6月 6日 (土)

寄木細工

昨日、テレビで箱根の寄木細工の制作過程のドキュメンタリー番組を見た。

Img_5160 一本の材木から緻密な工程を経て芸術作品が出来上がるまでを懇切丁寧に見せてくれた。テレビは有り難い。
作業のすべてが驚き、且つ神秘的だった。

箱根湯本でオルゴールを買ったのは去年のちょうど今頃だったと思う。47ミリ×40ミリ×18ミリのミニサイズ。模様と模様がぎっしりと嵌め込まれたオルゴールはとても澄んだ美しい音を出す。
曲は「ノクターン」。細工の工程を見てからはより一層深い音色に聴こえる。

ほらほら、オルゴールの角に星の形があるでしょ。Img_5168_4
  豆撒くや寄木細工の角に星(hoko)
なぁんて句、出したけど句会では没。
でもオルゴールを鳴らすたびに、角の星を確認してはほっとしている。何しろ星なんだから何処かへ飛んで行ったら大変だ。

俳人であれば自分だけの胸にそっとしまったままの句がきっとある。オルゴールの句は私にとってそんな句。

Plant013 上の画像はBS-TBSから頂いたもの

|

2009年6月 2日 (火)

万華鏡

部屋の中に数百種のビーズ玉が溢れるような事態になってくると、
少しは別のものに囲まれたくなる。
Img_5058たまにはビーズではなく「手作り万華鏡」なんぞ欲しくなってくる。
NHKの番組で万華鏡の作り方講座などを目にすると、今、ブームなんだなと思う。

いいなぁ!ビーズではなく万華鏡が部屋に溢れていたら・・・。
などと無い物ねだりをしたくなるのだ。

万華鏡は人形のスカートの裾に隠れるように眠っていた。Img_5127

何処で買ったのか、誰に貰ったのかは分からない。
それはボケたってこと?
イエイエ、単に古い物を大切にしているだけのことよ?
Img_5059_3


随分昔のもののはずなのに、着物地の赤い縮緬はドキッとするほど鮮やか。
今夜はしばし万華鏡の世界に。

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »