« 魚の目 | トップページ | 付け髪    津久井湖(1) »

2009年4月 3日 (金)

舞姫

  舞姫はリラの花より濃く匂ふ       山口青邨

青邨、ドイツのベルリンに留学中の句。一流のキャバレーのテーブルに座る踊り子たちは舞姫という古風な言葉がふさわしいほど品をもっていたと自解している。

リラの花は淡い香りをもっているとか。
もちろん、舞姫の白粉も香水も強く匂ったのである。

何処へ飛ぶか分からない魔術のような楸邨の句も魅力的だけど、理系出身を思わせる数式のようなきっちりとした青邨の句にも惹かれる。

私の「踊り子」のイメージは映画「心の旅路」ポーラ。Img_4682_3 場末のショーガールではあ るけれど美しくけなげ。
知的で献身的でやはり清楚。
Img_4684_2

1942年の映画なんて気絶する位古い。(画像はポーラ役のグリア・ガースン)。


札幌のリラの花(ライラック)は5月頃咲くらしい。Img_4693
北海道には数回行ったけれどリラの花は見たことがない。
(写真は 『季寄せ草木花』 より拝借)
「リラの花」は春の季語。

|

« 魚の目 | トップページ | 付け髪    津久井湖(1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207145/44552153

この記事へのトラックバック一覧です: 舞姫:

« 魚の目 | トップページ | 付け髪    津久井湖(1) »